loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

八月新派公演 山村美紗サスペンス『京都 都大路謎の花くらべ』

012302.jpg

謎の死、密室トリック・・・この夏、最高のミステリー!

【あらすじ】
京都・祇園のクラブ「牡丹」に飛び込んだ1本の電話。それはホステスの桃子が自宅で死んだという突然の知らせ。しかも部屋には鍵がかかったままだという。
桃子は、ホステスでありながらも、女流人形師の歌乃(河合雪之丞)や日本画家の沢木(喜多村緑郎)という二人の天才芸術家が取り合うほど、モデルとしての魅力に溢れた女だった。

桃子を偲ぶ会に、「牡丹」のママ・美保子(池乃久里子)をはじめ、祇園はち熊の芸妓・小春(山村紅葉)やベンチャー会社社長の山田二郎(長谷川純)ら、桃子と親交のあった常連客達が集まる。
皆は警察が、桃子の死を服毒自殺と判断したことに疑いを持つ。果たして本当に自殺なのか。密室殺人の可能性は・・・。美保子や小春はあらゆる可能性を排除せず、独自に真相を探り始め、京都府警の狩矢警部(中村梅雀)もまた、自身の経験と勘から“他殺”の可能性を追求し始める。
一方、沢木に思いを寄せる歌乃は、彼が20年前に関わった贋作事件に再び巻き込まれていることを知り、救い出すことを密かに心に誓う。

花街での節分の習わし、“お化け”が「牡丹」でも仮装パーティーとして定着している。すっかりパーティームードの中、第二の殺人が起こる。その犯人として警察の捜査線上に浮かんだのは沢木であった。
「牡丹」で起きた密室事件。常連客の中に犯人がいるという事実。皆が疑心暗鬼になる中、事件に疲れ果てた美保子は常連客を集めて店を閉めることを宣言する。しかし、こともあろうに第三の殺人が起こる・・・。

謎はますます深まるばかり。はたして犯人は。そして歌乃、沢木を取り巻く恋の行方は――。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 新橋演舞場
キャスト
スタッフ
公式サイト 八月新派公演 山村美紗サスペンス『京都 都大路謎の花くらべ』公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事