エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

北齋漫畫 (2019年)

012190.png

数々の名作を残した劇作家、矢代静一の『北齋漫畫』が甦る!

【あらすじ】
鉄蔵(横山裕)は江戸下町の貧しい家に生まれたが、御用鏡磨師・中島伊勢(渡辺いっけい)の養子となり、持ち前の絵の上手さから絵師の弟子となるが、幾人もの師から破門されてばかりいた。そんな鉄蔵は、娘のお栄(堺小春)と共に、友である佐七(木村了)の家に転がり込み、絵を描き続けていた。

居候先の佐七は、ひそかに読本作家を志していたが、佐七の妻のお百(枝元萌)は、黄表紙本を読む佐七を快く思っておらず、その上、絵を描くことしかしない鉄蔵とお栄を不満に思っていた。

ある日、鉄蔵はお直(佐藤江梨子)という女に出会う。お直の不思議な魅力に惚れ込み絵を描く鉄蔵は、お金をせびる目的で、義父である伊勢にお直を紹介する。伊勢もたちまちお直の魅力にのめり込むが、魔性な心を掴めず、やきもきしていた。そんな中、鉄蔵と伊勢はお直に呼び出された場所で、下駄屋の丁稚である伍助(吉田健悟)といるお直を目撃し・・・。

詳細情報

公演期間
キャスト
スタッフ
公式サイト 『北齋漫畫』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る