loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

手塚治虫生誕90周年記念事業 パルコ・プロデュース舞台『奇子(あやこ)』

011844.jpg

手塚治虫による"生命賛歌"

【あらすじ】
青森県で500年の歴史を誇る大地主・天外一族。村では絶大な富と権力を誇っていたが、終戦後の農地改正法により、その勢いは静かに衰えつつあった。
太平洋戦争から復員した仁朗が帰ると、家には奇子という妹が生まれていた。それは父・作右衛門と兄嫁・すえの間に生まれた私生児だった。兄の市朗が、遺産ほしさに妻であるすえを差し出したというのだ。
「うちは異常な家だ!狂ってるんだ!」
そんな仁朗も、しかし、GHQのスパイとして仲間を売って生き延びて来た。
組織の命令により、さらなる陰謀に加担して行く仁朗。
仁朗の犯した罪、一族の犯した罪=奇子が複雑に絡み合い、やがて奇子は土蔵の地下に閉じ込められ、死んだことにされる。それから十一年後、末弟・伺朗は強く反発している。
「うちの家系はまるで汚物溜だ。犬か猫みてぇに混ざり合って、そのつど、金と権力でもみ消したんだ・・・」
さらに十一年後、地下で育てられ続けてきた奇子は、伺朗により地上へと出される。隠蔽した罪や過去が、次々に暴かれ、やがて一族を滅ぼすことになる。

地方旧家の愛欲、戦後歴史の闇を描く因果の物語――。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 紀伊國屋ホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 手塚治虫生誕90周年記念事業 パルコ・プロデュース舞台『奇子(あやこ)』公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事