エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

恋のヴェネチア狂騒曲 (2019年)

011788.jpg

怒涛の快進撃を続ける福田雄一が、久々にシス・カンパニー公演に登場!

【あらすじ】
18世紀半ばのイタリアの水の都ヴェネチア。この町の実力者である商人パンタローネの娘クラリーチェと、その友人であるロンバルディ博士の息子シルヴィオは、家族と一緒に二人の婚約パーティの真っ只中。

実はクラリーチェには、政略結婚の許嫁フェデリーゴ・ラスポーニがいて、本来はこの婚約パーティの主役の片割れはフェデリーゴだったのだが、なんとフェデリーゴは、婚約パーティの直前に、ある男との決闘で命を落としていた。

その結果、もともと恋仲だったシルヴィオとクラリーチェがめでたく結婚できることになったのだ。ところがそのパーティに、あろうことか死んだはずのフェデリーゴとその召使が現れた。せっかく結婚できるはずだった若い恋人たちは、生き返った死人にまた引き裂かれてしまうのか?!

一方、ワケありの恋人同士のベアトリーチェとフロリンドは、バラバラに逃げるように故郷からヴェネチアへとやって来た。なんとかお互いを探し出し、次の手を打とうとするのだが、連絡をとろうにも、すれ違いばかりでなかなか会うことができない・・・。

なぜなら、ベアトリーチェもフロリンドも、ヴェネチアの宿屋で出会った、お調子者のトゥルファルディーノを気に入り、召使として雇ってしまったのだ。何とかうまく、二人相手に奉公して2倍の給金をせしめようと、両者の間をバタバタと走り回るトゥルファルディーノ。

次第にボロが出てくるのを、持ち前の機転と愛嬌で切り抜けていくが・・・。
愛し合うベアトリーチェとフロリンドは無事に巡り会い、新世界へと旅立てるのか?
生き返った(?)フェデリーゴに引き裂かれた若い恋人たちシルヴィオとクラリーチェは結ばれるのか?

そして、二人の主人に仕える愛すべきお調子者、トゥルファルディーノの運命は!?

詳細情報

主催
  • シス・カンパニー
公演期間
劇場
  • 新国立劇場 中劇場
  • ほか
キャスト
スタッフ
公式サイト 『恋のヴェネチア狂騒曲』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る