エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ドライビング・ミス・デイジー (2019年)

011275.jpg

日本演劇界二大スター市村正親と草笛光子夢の競演!

【あらすじ】
1948年、夏。長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジー(草笛光子)は、ある日運転中に危うく事故を起こしかけ、母の身を案じた息子のブーリー(堀部圭亮)は、彼女の専用の運転手としてホーク(市村正親)という初老の黒人を雇う。しかし典型的なユダヤ人で、元教師のデイジーには、運転手なんて金持ちぶっているようで気性が許さなかった。どうしても乗車拒否を続けるデイジーは、黙々と職務に励む飄々としたホークの姿に根負けし、悪態をつきながらも車に乗ることになる。
こうして始まったデイジーとホークの奇妙で不思議な関係は、1台の車の中で、やがて何物にも代えがたい友情の絆を生み出してゆく。そして25年の歳月の流れの中で、初めてホークはニュージャージー州外を旅し、またデイジーはキング牧師の晩餐会に出席したりした。いつしか頭がボケ始めたデイジーは施設で暮らすようになり、長年住み馴れた家も売ることになった。しかしデイジーとホークの友情は、変わることなく続くのだった。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 紀伊國屋ホール
  • 電力ホール
  • 日本特殊陶業市民会館
キャスト
スタッフ
公式サイト 『ドライビング・ミス・デイジー』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る