エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ミュージカル『笑う男 The Eternal love−永遠の愛−』 (2019年)

010953.jpg

『レ・ミゼラブル』のヴィクトル・ユゴーが描いた、哀しく無垢な、愛の物語。

【あらすじ】
1689年、イングランド、冬。"子ども買い"の異名を持つコンプラチコの手により、見世物として口を裂かれ醜悪な笑みを貼り付けられた少年、グウィンプレンは、一行の船から放り出され一人あてもなく雪のなかを彷徨う。そのさなか、凍え死んだ女性が抱える赤ん坊、後のデアを見つけ、道すがら偶然辿り着いた興行師、ウルシュス(山口祐一郎)の元へ身を寄せた二人は彼と生活を共にすることとなる―

青年となったグウィンプレン(浦井健治)はその奇妙な見た目で"笑う男"として話題を呼び、一躍有名人になっていた。盲目のデア(夢咲ねね/衛藤美彩)と共に自らの生い立ちを演じる興行で人気を博す二人は、いつしか互いを信頼し、愛し合う関係となる。

そこへ彼らの興行に興味を持った公爵のジョシアナ(朝夏まなと)とその婚約者、デヴィっと・ディリー・ムーア卿(宮原浩暢)が来訪する。
醜くも魅惑的なグウィンプレンの姿に心を惹かれたジョシアナは、彼を自身の元へ呼びつけ誘惑する。突然の愛の言葉に動揺するグウィンプレンがウルシュスらの元に戻ると、突然牢獄へと連行され、そこで王宮の使用人、フェドロ(石川禅)より衝撃の事実が明かされた―

本当に醜いのは、刻まれた貧者の笑顔か、それとも富める者の嘲笑か。
運命に翻弄される"笑う男"が辿り着く先に待っていたものとは―

詳細情報

公演期間
劇場
  • 日生劇場
  • 御園座
  • 新川文化ホール
  • 梅田芸術劇場
  • 北九州ソレイユホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『ミュージカル『笑う男 The Eternal love−永遠の愛−』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る