エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~ (2019年)

010860.jpg

脳がハッピーーー!!になる舞台!!もし若き天才が出会っていたら?!

【あらすじ】
舞台は、1904年のパリ。灰色の19世紀が終わり、20世紀の始まり。芸術家が集うバー“ラパン・アジール”では、刺激的な会話が繰り広げられていた。もてなすのは“ラパン・アジール”の主人フレディ(間宮啓行)とジェルメーヌ(香寿たつき)。集うのはご機嫌な老人ギャストン(松澤一之)、物理学者を目指す青年アルベルト・アインシュタイン(R:川平慈英/B:村井良大)、美しい娘のシュザンヌ(水上京香)、画商のサゴ(吉見一豊)、発明家シュメンディマン(R:村井良大/B:川平慈英)。特にシュザンヌはピカソ(R:岡本健一/B:三浦翔平)に会いたがっている。場の話題が画家ピカソで持ちきりになった頃、本人が意気揚々とやってくる。ピカソとアインシュタイン、才能に満ち溢れる2人は初めて出会い、熱く議論する。ものが生まれる瞬間やその発想、閃きについて。物理とアート、異なる視点を持つ2人が発火し、深く共感し、奇跡のような出逢いを果たす。盛り上がる“ラパン・アジール”に、もうひとりの青年(R:三浦翔平/B:岡本健一)が現れる。彼も若き天才だった・・・。

詳細情報

公演期間
劇場
  • よみうり大手町ホール
  • 森ノ宮ピロティホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る