エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

唐版 風の又三郎 (2019年)

010342.jpg

【あらすじ】
死の花嫁を捜しにどこへ行く、オルフェ。死の魔窟は・・・死の耳はどこにある。分かっているよ。僕たちは分かっているんだ。 そして、わざとこんな風な言いぶりで、何かを計っていることも。さあ、行こう、代々木のテイタンへ。死んだ恋の人を尋ねて。
東京の下町で二人の男女が出会う。精神病院から逃げてきた青年「織部」と宇都宮から流れてきたホステスの「エリカ」。二人はこの物語の中では恋人同士ですらなく、ただ、『風の又三郎』のイメージを介して結びつくもろい関係。
汚濁した世間で生きていくことができずに病院に収容され、それでも、自分を連れ去る風の少年に憧れる織部は、その面影をエリカの中に見い出す。エリカは自衛隊の練習機を乗り逃げした恋人を探す道連れとして、この純真な青年を利用する。探し当てた恋人はすでにこの世の人ではなく・・・。
ガラスのような精神を抱え、傷つきながらもひたすらに、自らの「風」である女を守ろうとする青年と、いまわしい血の記憶に翻弄させる女との、恋よりも切ないものがたり。

詳細情報

主催
  • Bunkamura
公演期間
劇場
  • シアターコクーン
  • 森ノ宮ピロティホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『唐版 風の又三郎』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る