エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

朱を喰らうモノの月~標月島編~ (2018年)

010305.jpg

光の断たれた新月、不死身の朱き眼が立ち上がる。守るべき命のため――。

【あらすじ】
未だに、その存在が、ほのめかされているヴァンパイア。さまざまな伝承を残し、今の世に語り継がれている――。その多くに共通することは、燃えるような赤い目であり美しい容姿をしているということ。もし彼らが、人知れず国を作り、人間に仇無すことなく、ひっそりと存在していたら――!

リアス式海岸と、大小400に及ぶ島々が、繰り広げる西海海域 そこに浮かぶ一つの島は「標月島(しめつきじま)」。普段はヴァンパイアの結界で守られており、その島の者でなければ、場所を特定することはできない。しかし、月の力が無くなる新月の日に限り、結界が弱まり「標月島」の姿が、人間や他の生物に、見えるようになってしまうそうだ――。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 新宿村LIVE
キャスト
スタッフ
公式サイト 『朱を喰らうモノの月~標月島編~』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る