エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

浅利慶太プロデュース公演『アンドロマック』 (2018年)

10235.jpg

愛と憎しみが交差する

【あらすじ】
トロイ戦争にギリシャ軍として参戦したエピール国王ピリュスは、その武勲を讃えられ、スパルタ王より王女エルミオーヌを婚約者として与えられる。ところが、彼は捕虜として連れ帰った敵方の妃アンドロマックに心を奪われ、ギリシャ軍の意向に背き、その息子アスティアナクスともども宮殿内に匿っている。そこへ、ピリュスに対して広がるギリシャの不信と不満を収拾すべく、今は亡きギリシャの総大将アガメムノンの息子オレストがピリュスのもとを訪れる。表向きは、トロイ王家の血を引く遺児アスティアナクスを生贄として差し出させるのが訪問の理由だが、オレストの心中は熱愛する従妹のエルミオーヌのことでいっぱいだ。
ピリュスはアンドロマックを愛するあまり、エルミオーヌとの婚礼を延ばし延ばしにしているが、当のアンドロマックは、亡夫エクトールへの貞節を守り、彼の求愛を拒み続けている。
一方エルミオーヌは、ピリュスに裏切られた怒りと嫉妬のあまり、彼とアンドロマックの仲を引き裂こうと謀る。そして、自分に思いを寄せるオレストを利用して恐ろしい復讐の企てに引き込んでいく。
自分の意に添わないアンドロマックに業を煮やしたピリュスは、遺児をギリシャに生贄として差し出し、エルミオーヌを妻にすると言い出す。
アンドロマックは愛息の命乞いにエルミオーヌのもとへやって来るが、彼女が憎いアンドロマックの言葉に耳を貸すはずもない。絶望したアンドロマックに残されたのは、ピリュスの慈悲にすがることだけ。未練たっぷりのピリュスは、自分の妻になってくれるならエルミオーヌとの婚約を破棄し、アスティアナクスの命を助けようと申し出る。
愛息を守るために決断を迫られるアンドロマック。裏切りの憎悪に炎をたぎらせるエルミオーヌ。国運を賭けて愛を選択するピリュス。思いがけない展開に混乱るオレスト。
運命の歯車が回り、愛と復讐劇に意外な結末が訪れる・・・。

詳細情報

主催
  • 浅利演出事務所
公演期間
劇場
  • 自由劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『浅利慶太プロデュース公演『アンドロマック』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る