エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

誰もいない国 (2018年)

10119.png

イギリス・ロンドンを舞台に、アイデンティティの境界線を問う。

【あらすじ】
ロンドン北西部にある屋敷の大きな一室。ある夏の夜、屋敷の主人ハーストとスプーナーが酒を飲んでいる。詩人のスプーナーは、酒場で同席した作家ハーストについて家まできたようだ。酒が進むにつれ、べらべらと自らをアピールするスプーナーに対し、寡黙なハースト。スプーナーは、共通の話題を見出そうとハーストに話をふるが、もはやそれが現実なのか虚構の話なのかわからない。そこへ、ハーストの同居人の男たちが現れて・・・。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 新国立劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『誰もいない国』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る