エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

キャラメルボックス『ながれぼしのきもち』 (2018年)

009954.jpg

真柴あずき書き下ろし新作

【あらすじ】
氷川圭太は5年間勤めた会社を辞めたばかり。生真面目な性格が災いして仕事を抱え込み、体を壊してしまったのだ。そこへ、半年前に亡くなった祖父・雄次朗の弁護士から連絡が入る。瀬戸内海の島で雄次朗が経営していた旅館を処分してほしい、資産価値は10億を下らないと。再出発の希望に満ちて島へ到着する圭太。ところが、旅館はどう見ても売れそうにない古ぼけっぷり。おまけに雄次朗の恋人だと名乗る女性・若宮志津香が勝手に経営を続けていた。文句を言う圭太に、志津香はある課題を押しつける―――

詳細情報

公演期間
劇場
  • ポケットスクエア
  • 所沢市民文化センター
  • アワーズホール
  • 秩父宮記念市民会館
キャスト
スタッフ
公式サイト 『キャラメルボックス『ながれぼしのきもち』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る