エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

No.9-不滅の旋律- (2018年)

009908.jpg

稲垣吾郎が挑む、狂気と運命の歓喜!

1800年、ウィーン。作曲家ベートーヴェン(稲垣吾郎)は、聴覚障害に犯され始めていた。音楽と孤独に向き合い、身分の差から愛する人ともうまくいかず、その心は荒んでいく。しかし、ピアノ工房で出会ったマリア(剛力彩芽)や弟達をはじめとする周囲の人々との触れ合いが、彼に変化をもたらし始める。

国の情勢が刻々と変化していく中、ナポレオン軍の敗北をテーマとした曲『ウェリントンの勝利』で成功を収めたベートーヴェンは、頭の中に鳴り響く音楽をひたすら楽譜に書き留め、名曲を生み出していく。その一方で、幼少期に父親から暴力を伴う厳しい教育を受けた影響で、苦しい幻影には悩まされ続けていた。そんな自分を自覚しながらも、自ら後見人となった次弟の息子カールに、自分の音楽の全てを託そうと異常なまでに執心してしまう。そして迎えた『第九』の演奏会。その創造的な試みに対する聴衆の反応は、彼の耳に届いたのか?
ベートーヴェンが生涯を賭けて問いかける本当の芸術とは……?

詳細情報

公演期間
劇場
  • TBS赤坂ACTシアター
  • オリックス劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • 久留米シティプラザ
キャスト
スタッフ
公式サイト 『No.9-不滅の旋律-』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る