エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『オセロー』 (2018年)

Sorry, no image.

W.シェイクスピア×中村芝翫

ここはヴェニス。公国に仕えるムーア人の将軍オセロー(中村芝翫)は、人種を越え、元老院議員の娘デズデモーナ(檀れい)と秘密裡に結婚をした。オセローの忠臣イアーゴー(神山智洋)は、副官に任命されなかったことで、オセローに深い憎しみを抱いていた。イアーゴーは、デズデモーナに横恋慕をするロダリーゴーをそそのかし、デズデモーナの父に秘密の結婚を密告させる。怒りに震える父は武器を取り、オセローと対峙するが、オセローは堂々とデズデモーナへの愛を語る。

かけつけたデズデモーナからもオセローとの愛を知らされ、父は「父親を騙した女だ。騙されるぞ、おまえもきっと。」という不吉な言葉をオセロ―に残しつつ、やむなく結婚を許す。そして、オセローはトルコ艦隊からの危機に備え、総督として急遽キプロス島へ向かうことになる。

オセローがキプロス島に到着すると、敵は嵐のため海の藻屑となり全滅した。勝利と結婚の祝宴が開かれる中、オセローを陥れる計画を練っているイアーゴーは、まず手始めに、副官のキャシオーを意図的に酔わせて暴れさせ、失脚させることに成功する。なんとしても復職したいキャシオーは、その助けを借りるため、デズデモーナとその侍女エミーリアを尋ねていく。

イアーゴーは、あたかもデズデモーナがキャシオーと密会をしているかのように言葉巧みにオセローの心を揺さぶる。オセローは初めての嫉妬に悩み、若妻を疑う。デズデモーナは誓って貞淑で忠実だと訴えるが、嫉妬の枷にはめられたオセローはもはや聞く耳を持たない。さらにイアーゴーがでっちあげた浮気の証拠を事実だと信じ込み、疑惑は確信へと変わる。

愛を失ったことを嘆き、悲しい失恋の唄を歌い寝室で夫を待つデズデモーナ。 オセローに改めて身の潔白を主張し、不変の愛を誓う。 しかし、嫉妬に駆られたオセローは――。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 新橋演舞場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『『オセロー』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る