エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ホチキスボイルド『ケルベロス』 (2018年)

009676.jpg

この世界―広告業界には魔物が棲んでいる。

新入社員の赤堀(杉江大志)は製菓メーカー「オワリヤ」の宣伝部に入社する。
しかし赤堀が配属されたのは、花形の商品宣伝部ではなく、社長直下の宣伝部「社長宣伝部」だった。
かつて同部署は創業者と二人三脚で名作CMを次々に世に送り出し、業績を伸ばしていった。
不眠不休で働くその姿に、眠らない獣「ケルベロス」と呼ばれ社内でも一目置かれる存在であった。
しかし現在は、会社内でお荷物扱い。
ただ、創業者が作った部署だけに潰すこともできず、会社は生かさず殺さずで、二代目社長のわがままオーダーに応える窓際部署と化していた。
さらに、部署内にある二つのチームは犬猿の仲。“華の宣伝マン”を夢見ていた赤堀は落胆する。
そんな中、長らくのヒット商品不在、業績不振の責任をとり、社長が電撃交代。社長の娘が新社長に就任し、経営を立て直すため、大規模なコストカットに着手。
その候補には「社長宣伝部の解体」も含まれていた・・・。
ケルベロスの持つ本当の意味とは?窓際部署による一発逆転の秘策とは?ホチキスの新作は、固めに茹でた“大人テイスト”。
ホチキスボイルド『ケルベロス』ここに吠える!

詳細情報

公演期間
劇場
  • 東京芸術劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『ホチキスボイルド『ケルベロス』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る