エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

メサイア-悠久乃刻- (2017年)

7079.jpg

僕らは立ちすくむ。悠久と終焉の白いはざまで・・・

警察省警備局特別公安5係に所属するスパイたちは、その目指すべき死に様から「サクラ」と呼ばれている。国籍も戸籍も抹消された彼らには、唯一心を通わせることを許された魂の伴侶が与えられる。それが、「メサイア」――。卒業ミッションを目前に控えたサクラ候補生、有賀涼、加々美いつき。彼らを非情な運命が襲う。加々美は、サクラとして任務に就くために、敵方によって脳に埋め込まれたチップを取り出すことになる。しかし摘出すれば、99%の確率で、直近の記憶を失うと宣告される。深い絆を結んだメサイア、有賀との記憶も…。一方、有賀には、かつて所属していた闇の組織、「第三の闇(サード・ニグマ)」が接近。有賀の奪還を計画していることが明らかになる。そして彼らに与えられる、驚愕の卒業ミッション。「ミッションは暗殺。ターゲットの名は――。」

(C)MESSIAH PROJECT (C)2017 舞台メサイア悠久乃刻製作委員会

詳細情報

主催
  • 舞台「メサイア-悠久乃刻-」製作委員会
公演期間
劇場
  • 天王洲 銀河劇場
  • サンケイホールブリーゼ
キャスト
スタッフ
公式サイト 『メサイア-悠久乃刻-』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る