【中止】東京芸術劇場Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三』


2020年5月30日~6月20日

黙阿弥の傑作戯曲が大舞台を駆け抜ける

江戸時代。
刀鑑定家・安森源次兵衛の家は、何者かにお上の宝刀・庚申丸を盗まれて断絶となっていた。
ある時、立身出世を目論む釜屋武兵衛は、巡り巡って木屋(刀剣商)文里のもとにあった庚申丸を金百両で手に入れる。
しかし文里の使用人・十三郎は、その取引の帰り道、夜鷹(街娼)・おとせと出会い、受け取った百両を紛失。思いがけず百両を手にしたおとせだったが、十三郎を探す道すがら、女装の盗賊・お嬢吉三に百両を奪われてしまう。
様子を見ていた安森家浪人・お坊吉三は、お嬢吉三と百両を巡って争うが、そこに元坊主・和尚吉三が現れる。
彼がその場で争いを収めたことで、三人は義兄弟の契りを結ぶ。
また、失意の十三郎は、川に身投げしようとしたところを、和尚吉三の父・伝吉に拾われていた。訪れた伝吉の家で、彼はおとせと再会し・・・。
一方、吉原の座敷では、文里がお坊吉三の妹で花魁・一重に想いを寄せていた。
人柄で評判の文里だったが、彼には妻子があった。
文里の求愛を一重が拒みつづけていたある日、文里は、ある決意を座敷で語りはじめる。

詳細情報

公演期間 東京:2020年5月30日~6月1日、6月4日~6月7日
長野:2020年6月20日
劇場 東京:東京芸術劇場 プレイハウス
長野:まつもと市民芸術館 主ホール
キャスト 内田朝陽
大鶴佐助
千葉冴太山田百梨
小日向星一
山﨑果倫
緑川史絵
森田真和
田中佑弥
高山のえみ
武谷公雄みのすけ
篠⼭輝信
緒川たまき
村上淳
スタッフ 作:河竹黙阿弥
監修・補綴:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生
ほか
主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場・アーツカウンシル/東京都/一般財団法人松本市芸術文化振興財団
公式サイト http://kichisa2020.com/

 

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。