エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

【結果まとめ】『バンズ・ヴィジット』が席巻!第72回トニー賞授賞式 受賞作品・受賞結果

[エンタステージ編集部]

アメリカの演劇の祭典、第72回トニー賞授賞式が日本時間の2018年6月11日(月)にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて開催された。本年度の司会を務めたのは、サラ・バレリス、ジョシュ・グローバン。

ミュージカル部門では、『バンズ・ヴィジット』が11ノミネート中10部門を受賞し、今年のトニー賞を席巻する結果に。

演劇部門では、『ハリー・ポッターと呪いの子』が作品賞をはじめとする3部門、『エンジェルス・イン・アメリカ』がリバイバル作品賞、主演男優賞、助演男優賞を受賞した。

以下、ノミネート作品をご紹介。なお、受賞作品および受賞者は、太字&◎にて紹介する(随時更新)。

ミュージカル部門

■ミュージカル作品賞
アナと雪の女王(Frozen)
ミーン・ガールズ(Mean Girls)
バンズ・ヴィジット(The Band’s Visit)◎
スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(SpongeBob SquarePants: The Musical)

■ミュージカルリバイバル作品賞
回転木馬(Rodgers & Hammerstein's Carousel)
アイランド(Once On This Island)◎
マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)

■ミュージカル主演男優賞
ハリー・ハッデン=ペイトン(マイ・フェア・レディ)
ジョシュア・ヘンリー(回転木馬)
トニー・シャルーブ(バンズ・ヴィジット)◎
イーサン・スレイター(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)

■ミュージカル主演女優賞
ローレン・アンブローズ(マイ・フェア・レディ)
ヘイリー・キルゴア(アイランド)
ラシャンズ(サマー)
カトリーナ・レンク(バンズ・ヴィジット)◎
テイラー・ラウダーマン(ミーン・ガールズ)
ジェシー・ミューラー(回転木馬)

■ミュージカル助演男優賞
ノーバート・レオ・バッツ(マイ・フェア・レディ)
アレクサンダー・ジャミニャーニ(回転木馬)
グレイ・ヘンソン(ミーン・ガールズ)
ギャヴィン・リー(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
アリエル・スタッチェル(バンズ・ヴィジット)◎

■ミュージカル助演女優賞
アリアナ・デボーズ(サマー)
ルネ・フレミング(回転木馬)
リンジー・メンデス(回転木馬)◎
アシュリー・パーク(ミーン・ガールズ)
ダイアナ・リグ(マイ・フェア・レディ)

■ミュージカル演出賞
マイケル・アーデン(アイランド)
デヴィッド・クローマー(バンズ・ヴィジット)◎
ティナ・ランドー(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
ケイシー・ニコロウ(ミーン・ガールズ)
バートレット・シャー(マイ・フェア・レディ)

■ミュージカル脚本賞
ティナ・フェイ(ミーン・ガールズ)
カイル・ジャロウ(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
ジェニファー・リー(アナと雪の女王)
イタマール・モーゼス(バンズ・ヴィジット)◎

■ミュージカル装置デザイン賞
デイン・ラフリー(アイランド)
スコット・パスク(バンズ・ヴィジット)
スコット・パスク、フィン・ロス&アダム・ヤング(ミーン・ガールズ)
マイケル・イヤーガン(マイ・フェア・レディ)
デヴィッド・ジン(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)◎

■ミュージカル衣装デザイン賞
グレッグ・バーンズ(ミーン・ガールズ)
クリント・ラモス(アイランド)
アン・ロス(回転木馬)
デヴィッド・ジン(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
キャサリン・ズーバー(マイ・フェア・レディ)◎

■ミュージカル照明デザイン賞
ケヴィン・アダムス(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
ジュールス・フィッシャー、ペギー・アイゼンハワー(アイランド)
ドナルド・ホールダー(マイ・フェア・レディ)
ブライアン・マックデヴィット(回転木馬)
タイラー・マイコロウ(バンズ・ヴィジット)◎

■ミュージカル音響デザイン賞
カイ・ハラダ(バンズ・ヴィジット)◎
ピーター・ハイレンスキ(アイランド)
スコット・レーラー(回転木馬)
ブライアン・ロナン(ミーン・ガールズ)
ウォルター・トラーバック、マイク・ドブソン(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)

演劇部門

■演劇作品賞
チルドレン(The Children)
ファリネッリ・アンド・ザ・キング(Farinelli and The King)
ハリー・ポッターと呪いの子(Harry Potter and the Cursed Child, Parts One and Two)◎
ジャンク(Junk)
ラテン・ヒストリー・フォー・モロンズ(Latin History for Morons)

■演劇リバイバル作品賞

エンジェルス・イン・アメリカ(Angels in America)◎
幸せの背くらべ(Edward Albee’s Three Tall Women)
氷人来たる(Eugene O’Neill’s The Iceman Cometh)
ロビー・ヒーロー(Lobby Hero)
トラヴェスティーズ(Travesties)

■演劇主演男優賞
アンドリュー・ガーフィールド(エンジェルス・イン・アメリカ)◎
トム・ホランダー(トラヴェスティーズ)
ジェイミー・パーカー(ハリー・ポッターと呪いの子)
マーク・ライランス(ファリネッリ・アンド・ザ・キング)
デンゼル・ワシントン(氷人来たる)

■演劇主演女優賞

グレンダ・ジャクソン(幸せの背くらべ)◎
コンドーラ・ラシャド(ジャンヌ)
ローレン・リドロフ(ちいさき神の、作りし子ら)
エイミー・シューマー(メテオ・シャワー)

■演劇助演男優賞
アンソニー・ボイル(ハリー・ポッターと呪いの子)
マイケル・セラ(ロビー・ヒーロー)
ブライアン・タイリー・ヘンリー(ロビー・ヒーロー)
ネイサン・レイン(エンジェルス・イン・アメリカ)◎
デヴィッド・モース(氷人来たる)

■演劇助演女優賞
スーザン・ブラウン(エンジェルス・イン・アメリカ)
ノーマ・ドゥメズウェニ(ハリー・ポッターと呪いの子)
デボラ・フィンドリー(チルドレン)
デニーズ・ガフ(エンジェルス・イン・アメリカ)
ローリー・メトカーフ(幸せの背くらべ)◎

■演劇演出賞
マリアンヌ・エリオット(エンジェルス・イン・アメリカ)
ジョー・マンテロ(幸せの背くらべ)
パトリック・マーバー(トラヴェスティーズ)
ジョン・ティファニー(ハリー・ポッターと呪いの子)◎
ジョージ・C・ウルフ(氷人来たる)

■演劇装置デザイン賞
ミリアム・ビューサー(幸せの背くらべ)
ジョナサン・フェンソム(ファリネッリ・アンド・ザ・キング)
クリスティン・ジョーンズ(ハリー・ポッターと呪いの子)◎
サント・ロカスト(氷人来たる)
イアン・マックニール&エドワード・ピアース(エンジェルス・イン・アメリカ)

■演劇衣装デザイン賞
ジョナサン・フェンソム(ファリネッリ・アンド・ザ・キング)
ニッキー・ギリブランド(エンジェルス・イン・アメリカ)
カトリーナ・リンジー(ハリー・ポッターと呪いの子)◎
アン・ロス(幸せの背くらべ)
アン・ロス(氷人来たる)

■演劇照明デザイン賞
ニール・オースティン(ハリー・ポッターと呪いの子)◎
ポーリー・コンスタブル(エンジェルス・イン・アメリカ)
ジュールス・フィッシャー+ペギー・アイゼンハワー(氷人来たる)
ポール・ラッセル(ファリネッリ・アンド・ザ・キング)
ベン・スタントン(ジャンク)

■演劇音響デザイン賞
アダム・コーク(トラヴェスティーズ)
イアン・ディキンソン(エンジェルス・イン・アメリカ)
ギャレス・フライ(ハリー・ポッターと呪いの子)◎
トム・ギボンズ(1984)
ダン・モーゼス・シュライアー(氷人来たる)

ミュージカル・演劇 共通部門

■オリジナル楽曲賞
作曲:エイドリアン・サットン(エンジェルス・イン・アメリカ)
作詞作曲:デヴィッド・ヤズベック(バンズ・ヴィジット)◎
作詞作曲:クリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペス(アナと雪の女王)
作曲:ジェフ・リッチモンド、作詞:ニール・ベンジャミン(ミーン・ガールズ)
作詞作曲:ヨランダ・アダムス、スティーヴン・タイラー(エアロスミス)、ジョー・ペリー(エアロスミス)、サラ・バレリス、ジョナサン・コールトン、アレックス・エバート(エドワード・シャープ&ザ・マグネティック・ゼロズ)、ザ・フレーミング・リップス、レディ・アンテベラム、シンディ・ローパー&ロブ・ハイマン、ジョン・レジェンド、パニック・アット・ザ・ディスコ、プレイン・ホワイト・T’s、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ、T.I.、ドマーニ、リル・C(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)

■振付賞
クリストファー・ガッテリ(マイ・フェア・レディ)
クリストファー・ガッテリ(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
スティーヴン・ホゲット(ハリー・ポッターと呪いの子)
ケイシー・ニコロウ(ミーン・ガールズ)
ジャスティン・ペック(回転木馬)◎

■編曲賞
ジョン・クランシー(ミーン・ガールズ)
トム・キット(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
アンマリー・ミラッツォ&マイケル・スタロビン(アイランド)
ジャムシールド・シャリフィ(バンズ・ヴィジット)◎
ジョナサン・チューニック(回転木馬)

事前発表

■功労賞
チタ・リヴェラ
アンドリュー・ロイド=ウェバー

■特別賞
ジョン・レグイザモ
ブルース・スプリングスティーン

■地方劇場賞
ラ・ママ実験劇場
ニューヨーク市

■イザベル・スティーヴンソン賞
ニック・スキャンダリオス

■名誉賞
サラ・クルールウィッチ
ベッシー・ネルソン
アーネスト・ウィンザー・クリーナーズ


なお、WOWOWでは6月16日(土)夜7:より字幕版を放送する(WOWOWプライム)。

【WOWOWスタジオ・ナビゲーター】井上芳雄、生田絵梨花
【WOWOWトニー賞・アンバサダー】宮本亜門
【スペシャル・ゲスト】坂本昌行
【授賞式司会】サラ・バレリス、ジョシュ・グローバン

【番組HP】http://www.wowow.co.jp/stage/tony/

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る