エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

2月4日はNissy(ニッシー)の日!西島隆弘の出演舞台『下谷万年町物語』をWOWOWで特集

011062.jpg

2019年2月4日(月)にWOWOWで「Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME」と「下谷万年町物語 蜷川幸雄×宮沢りえ×藤原竜也×西島隆弘」が特集として放送されることが決定した。

2018年2月、日本記念日協会に正式認定を受けた「Nissy の日(ニッシーの日/2月4日)」。そのNissyこと西島隆弘は、4月に日本人男性ダンス&ボーカリストのソロとして「初」となる東京ドーム2Daysを全国7ヶ所アリーナツアーの追加公演として行い、抜群の歌唱力とキレのあるダンスで多くのファンを魅了した。

011062_2.jpg

WOWOWでは10月に、その東京ドーム2Daysより制作した番組「Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME」を放送。多くの反響と視聴者からの多大なリクエストを受け、「Nissyの日」に「Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME」を再び放送。

さらに、西島が2012年に出演した舞台『下谷万年町物語』を、「下谷万年町物語 蜷川幸雄×宮沢りえ×藤原竜也×西島隆弘」として特集として放送する。

『下谷万年町物語』は、唐十郎の名作を故・蜷川幸雄が宮沢りえ、藤原竜也、西島隆弘らで実現した、終戦直後の幻想化された町が持つエネルギーが炸裂する物語。宮沢が、熱く美しく舞うように舞台を駆け回り、蜷川舞台の常連、藤原は魂を込めた演技で存在感たっぷりに躍動、西島は悩める少年の純粋さを魅力的に表現した。

このほか、六平直政、金守珍、大門伍朗、原康義、大石継太、井手らっきょ、柳憂怜、大富士、沢竜二、石井愃一、唐十郎らが出演。

舞台中央の池に俳優たちが次々と飛び込む過激な演出、濃厚な“オカマ屋さん”たちが3人を取り囲み、徐々に明らかになる時空を超えた悲劇と、唐作品ならではの詩情あふれる台詞が胸を突く。猥雑さ、美しさ、悲しさ、笑い・・・あらゆる感情が一斉に押し寄せてくる、衝撃のステージだ。

【あらすじ】
男娼たちが住み着き異様な雰囲気漂う、戦後間もない下谷万年町。そのほど近くで、警視総監が襲われ帽子が盗まれる事件が発生した。犯人はオカマのお春(大門伍朗)の一味だったが、お春の“イロ”である洋一(藤原竜也)は帽子を持って逃走。少年・文ちゃん(西島
隆弘)は、お春に頼まれて洋一を追うはめになる。やがて出会った洋一と文ちゃん。
一方で、洋一が所属していた劇団「軽喜座」の座長(沢竜二)も帽子を狙っていて、二人は追い詰められる。そんな中、突如現われたのが、男装の女優“キティ・瓢田”(宮沢りえ)。洋一と文ちゃんは、謎めいたキティと組んで、新しい劇団を立ち上げようともくろむ・・・。

「Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME」「下谷万年町物語 蜷川幸雄×宮沢りえ×藤原竜也×西島隆弘」は、2019年2月4日(月)夜11:00 よりWOWOWライブにて放送される。

(下谷万年町物語/(C) 渞忠之 (C)細野晋司)

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 011062.jpg
  • 011062_2.jpg

関連記事

トップへ戻る