エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

松尾スズキの『ニンゲン御破算』阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、荒川良々らで再び

008884.jpg

松尾スズキによる『ニンゲン御破算』が、2018年6月・7月に東京と大阪で上演される。本作は、2003年に『ニンゲン御破産』というタイトルで、十八代目中村勘三郎(当時:勘九郎)を主演に迎え初演。歌舞伎の戯作者を夢見た一人の侍とそれをとりまくニンゲンたちを描いた幕末大河エンターテインメントとして、大きな話題を呼んだ。

出演者には、阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子。劇団「大人計画」からは松尾をはじめ、荒川良々、皆川猿時、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙、顔田顔彦、少路勇介、田村たがめ。さらに、町田水城、山口航太、川上友里、片岡正二郎、家納ジュンコ、菅原永二 ノゾエ征爾、平田敦子らが名を連ねた。

【あらすじ(初演より※変更の可能性有)】
頃は幕末。加瀬実之介(阿部)は、人気狂言作者・鶴屋南北(松尾)、河竹黙阿弥(ノゾエ)のもとへ、弟子入りを志願していた。大の芝居好きで、成り行きとはいえ、家も侍分も捨て、狂言作者を志している実之介。「あなた自身の話のほうがおもしろそうだ」と南北に言い放たれた彼は、自分、そして自分の人生に関わってくるニンゲンたちの物語を語りだした―。
もともとは元松ヶ枝藩勘定方の実之介は奉行から直々の密命を受けていた。それは偽金造りの職人たちを斬ること。幼馴染みのお福(平岩)との祝言を済ませた実之介は、偽金造りの隠れ家へ向かい、職人たちを次々に殺めたのだった。
その様子を目撃していた、マタギの黒太郎(荒川)と灰次(岡田)の兄弟は、殺しのことは黙っている代わりに自分たちを侍にしてくれるよう、実之介に取り引きを持ちかけた。そこへ駆け込んできた娘が一人。黒太郎たちの幼馴染みで、吉原へ売られていく途中のお吉(多部)だった。
ちょうどその頃、実之介は、同志の瀬谷(菅原)や豊田(小松)から、悪事の責任をすべて負わされて切腹を迫られていた・・・。

シアターコクーン・オンレパートリー2018『ニンゲン御破算』は、6月に東京・Bunkamura シアターコクーンにて、7月に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演予定。チケットは、4月7日(土)10:00より一般発売開始。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 008884.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る