HEADLINE

ニュース

ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008458.jpg

2017年12月14日(木)に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて開幕するミュージカル『HEADS UP!』。本作は、原案・作詞・演出のラサール石井が構想に10年を費やし、倉持裕が脚本を務めた作品。2015年の初演時には様々な方面で高い評価を受け、第23回読売演劇大賞演出家部門優秀賞を受賞した。再演の開幕に先駆けて公開舞台稽古が行われ、ラサール石井と共に主演の哀川翔が取材に応じた。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_2

描かれているのは、普段、表舞台に登場することのない舞台スタッフたちの奮闘ぶり。一つの舞台が幕を開けてから“バラシ”と呼ばれる劇場撤収作業が終わるまでの“バックステージ”をまるっとミュージカルに仕上げている。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_3

1000回目の公演を終え、華々しく終了するはずだった“あの名作”が、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することとなる。しかし、舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない・・・と現場はてんやわんや。さらに、舞台監督は総指揮を取るのは初めてというド新人!とんでもない条件の中、必死に奮闘するスタッフたち。すでにチケットは完売し、観客が待っている。果たして、幕は無事に公演を終えることはできるのか―。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_4

公開されたのは、劇中劇となるミュージカル『ドルガンチェの馬』の上演シーン。稽古場にも、まるで本当に幕が上がる前かのような雰囲気が漂っていた。ベテラン舞台監督役の哀川がじっと見守る中、ヘッドセットを握り上演開始を告げる新人監督役の相葉。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_6

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_9

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_7

慌ただしく走り回る演出部役の橋本じゅん、芋洗坂係長、オレノグラフィティに、アルバイトくん役の池田が文句を言いながらついて回る。制作役の青木さやか、照明役の陰山泰、音響役の岡田誠、小道具の新良エツ子、衣裳助手の外岡えりからが見守る中、劇場付雑用係の中川晃教が、実際に劇場で観ている観客を、物語の世界へといざなう。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_8

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_11

いよいよ、ミュージカルの上演が始まり、老俳優・小山田丈太郎を演じる今拓哉や、女優・真昼野ひかる役の大空ゆうひが舞台に登場するのだが・・・。「馬!馬!ドルガンチェの馬!」といった、一度聞いたら忘れられない音楽と、次々に巻き起こるとんでもない事態は、爆笑必至!

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_10

稽古の様子について、ラサールは「けっこう早いペースで稽古をしてきているので、今回から加わったキャストの方々は大変だと思いますが、チームワークはバッチリ」と自信を見せ、哀川も「俺的にも順調です」とうなづく。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_5

稽古の中で、初演のことを一番覚えていたのは哀川だったそうで、「ここ、どうだったっけ?と分からなくなると、哀川さんがすぐ答えてくれるんですよ」とラサール。すると、哀川は「初演から2年あって、皆はその間にいろんな作品を経験しているけど、俺はこの『HEADS UP!』だけだから、すぐに思い出せたよ(笑)。とは言ってもね、覚えているようで覚えていないところも結構あるので、また新鮮な気持ちです」と照れ笑い。

またラサールは、初演を観に来た三谷幸喜から、ある場面で「あそこだけ(ステージ上が)舞台じゃなくなるのが惜しい」と言われたという。「確かにそうだなと思ったので、今回は設定を変えて、すべてのシーンが舞台上で行われているようになっています」と変更したと明かす。さらに、演出面では「短くしたり、付け加えたり・・・細かいところなので、お客さんは気づかないぐらいかも」と、細部までブラッシュアップしている様子。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_13

取材の最中、何やらとても美味しそうないい匂いが・・・。その正体は、哀川が差し入れをした“カレー”。「普通、弁当の差し入れでしょ?でも、哀川さんの場合は、仲間の焼肉屋さんやカレー屋さんが直接(稽古場に)来て、作ってくれるんですよ」とラサールが明かすと、哀川は「腹が減ると何もできないから。俺も腹減るのいやだし(笑)。仲間がいろいろ差し入れてくれるんですよ。長く生きていると、いろいろあるよね!」と、面倒見の良いアニキな一面を感じさせた。

最後に、ラサールは「ステージングがガラッと変わっていたり、笑えるシーンも増やしているので、初演とはまた違う印象になっていると思います。前回観てくださった方にはもちろん、初めての方にもぜひ観ていただきたいです。全体の構造の中に秘密があるので、2回観ると全然違うものに見えるかもしれません」、哀川は「すごく楽しめるものになっているので、安心して観に来てください!」と呼びかけていた。

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_14

ミュージカル『HEADS UP!』は、12月14日(木)から12月17日(日)まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場にて上演され、その後、富山・長野・大阪・愛知を巡演。そして、2018年3月2日(金)から3月12日(月)まで、東京・TBS 赤坂ACTシアターにて上演される。日程の詳細は以下のとおり。

【神奈川公演】2017年12月14日(木)~12月17日(日) KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
【富山公演】2018年1月20日(土) オーバード・ホール
【長野公演】2018年1月26日(金)・1月27日(土) サントミューゼ 大ホール
【大阪公演】2018年2月2日(金)~2月4日(日) 新歌舞伎座
【愛知公演】2018年2月15日(木)・2月16日(金) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【東京公演】2018年3月2日(金)~3月12日(月) TBS 赤坂ACTシアター

ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_12

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル『HEADS UP!』

作品情報ミュージカル『HEADS UP!』

一万人を熱くさせた奇跡のバックステージ・ミュージカル再び

  • 公演:
  • キャスト:哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、今拓哉、芋洗坂係長、オレノグラフィティ、陰山泰、大空ゆうひ、中川晃教、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP