HEADLINE

ニュース

SUPER☆GiRLS宮崎理奈、初のプロデュース公演は「一生涯の宝物」『不思議の国のカンタータ』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008371.jpg

SUPER☆GiRLSの宮崎理奈がプロデュースを務める舞台『不思議の国のカンタータ ~泣き声混じりの空想歌~』が、2017年11月22日(水)に東京・新宿村LIVEにて開幕した。本公演には、プロデュースと主演を務める宮崎のほか、SUPER☆GiRLSの渡邉ひかる、溝手るか、内村莉彩、尾澤ルナ、GEMの森岡悠、西田ひらり、Chubbinessの中崎絵梨奈、嶋梨夏、池山智瑛に加えて、其原有沙、大原優乃、玉川来夢、片岡沙耶、君島光輝、大野未来がメインキャストとして出演。作・演出は演劇集団ボクラ団義の久保田唱が務める。

物語は、働かず富を持たない者は生きているだけで罪になる街エルトワの見世物小屋「カンタータ」を舞台に、宮崎扮する主人公のカエデとそこで歌を生業としながら生きる女性たちの生活が描かれている。

初日前にはゲネプロと囲み会見が行われ、宮崎、溝手、渡邉、大原、森岡、西田、池山、玉川が取材に応じた。まず、宮崎は「舞台のプロデュースは初めてのことだったのですごく不安なことも多々あったのですが、スタッフさんやキャストの皆さんがいい舞台にするために親身になって動いてくださったこともあって、無事に初日を迎えることができました」と挨拶した上で、「私たちのやるべきことは、お客様を満足させることです。この作品は自分たちの気持ちとリンクしている部分もすごく多いので、作品を通し、改めて演劇やライブの素晴らしさが伝わるといいなと思ってます」と思いを語った。

また初のプロデュース公演ということで、宮崎は「まず『劇場だけ押さえたから好きにやっていいよ』とだけ言われて、最初は、そんな無謀なことをさせるのか・・・と思いました(笑)。でも、キャストから衣裳、作品のイメージ、グッズのことまで意見を出させてもらって。肩書きだけのプロデューサーかなとも思っていたんですけど、親身になってくれる方が多くて、そういった環境でプロデュース公演を初めて行うことができてありがたかったです。ボクラ団義の久保田唱さんが、私が理想としていたものに近づけてくださって、素晴らしい作品になりました。一生涯の宝物です。第2弾とか、あるんじゃないかな・・・なんて(笑)」とコメント。

さらに、舞台の座組にテーマを付けるとしたらと問われると「“永遠”。今回のキャスティングには、リアルな友人もいたりしまして、自分のプライベートな縁や所属事務所の縁などが繋がった瞬間だなと思いました。このご縁を永遠にしたいと思ったので」と回答した。

さらに、本作の中にはライブシーンも含まれている。宮崎は「演劇が好きなアイドルのファンの方は、まだまだ少ないのが現状です。なので、演劇が好きな人とライブが好きなファンの皆さんの両方に楽しんでいただけるような舞台を目指しました。スパガから、るかちゃんだったり、GEMからひらりちゃんという歌が得意なメンバーをキャスティングしたのも、そういう意図がありました。それから、演技経験が少ない子でも歌があるなら楽しんでやってくれるかな・・・という私の策略が、見事にハマったんじゃないかと思ってます(笑)」とこだわりを明かしていた。

ほか、7名のコメントは以下のとおり。

◆溝手るか(SUPER☆GiRLS)
みやり(宮崎)がプロデュースする舞台に選んでいただいてすごく嬉しかったです。私自身は演技経験が少ないのですが、稽古ではみやりからたくさんアドバイスをもらいました。プロデューサーとして、そして主演として大きな背中を見せてくれたみやりには皆がついていこうって思えたし、このような場所を用意してくれたみやりには感謝の気持ちでいっぱいです。『不思議の国のカンタータ』で自分自身を精一杯出し切れるようにがんばりたいと思います。

◆渡邉ひかる(SUPER☆GiRLS)
最初に宮崎理奈プロデュース公演を行うという話を聞いたときに、SUPER☆GiRLSの宮崎理奈という部分しかあまり見たことがなかったので、どんな感じになるんだろうとドキドキしていました。本当に何から何まで、自分で愛情を持って舞台のことを考えて、キャストへの気配りも忘れない彼女をそばで見ながら、私自身も舞台の一つのピースとして、みやりの愛ある作品を皆さんにお届けしようと思いました。精一杯最後までがんばっていきます。

◆大原優乃
私は以前、Dream5で活動していたときに宮崎さんとは同じステージで共演させていただく機会があったので、こうやってまた同じ舞台に立てることが光栄です。みやりちゃんにいただいたこの機会を無駄にせず、全力でがんばりたいと思います。

◆池山智瑛(Chubbiness)
歌ありダンスあり演技ありの舞台で、皆さんの個の力の刺激を稽古中から受けてました。私自身はまだまだだなという部分はあるのですが、皆さんと力を合わせて素敵な舞台になるように、私も今できることを全力で出し切ってついていきたいなと思います。

◆玉川来夢
みやりちゃんとは今回の舞台が初めましてなんですが、この舞台に出ることができて幸せです。みやりちゃんの初プロデュース&主演ということで、彼女自身私たちの見えないところでの苦労はたくさんあったんじゃないかと思います。本当に一生懸命がんばっている背中をずっと見てきたので、初日の幕が無事に開くことにまずは安心してます。千秋楽まで皆で協力して、最後は笑顔で締めくくれるようにしたいと思います。

◆森岡悠(GEM)
今回は出演者が全員女性で年齢も近くて、毎日皆さんから刺激をいただいてました。この出会いをくれたみやりさんに感謝してます。キャストの皆さんと稽古を通して乗り越えてきたものは、舞台で必ず伝わると思うので心を込めて皆さんにこの作品をお届けできたらと思います。

◆西田ひらり(GEM)
私はこの舞台が初の舞台となるんですけど、こんな素晴らしい作品のキャストに選んでいただいて嬉しかったです。選ばれた以上は期待に応えられるよう、素晴らしい作品にしたいです。最後まで精一杯演じたいと思います。

SUPER☆GiRLS宮崎理奈プロデュース公演『不思議の国のカンタータ ~泣き声混じりの空想歌~』は、11月26日(日)まで東京・新宿村LIVEにて上演。

SUPER☆GiRLS宮崎理奈プロデュース公演『不思議の国のカンタータ ~泣き声混じりの空想歌~』

(取材・文・撮影/オフィシャル提供、編集/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP