エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

「GANTZ」鈴木勝秀の脚本・演出で初舞台化!出演に百名ヒロキ、高橋健介、佐藤永典ら

008312.jpg

集英社「ヤングジャンプ」にて2013年まで連載された漫画「GANTZ」が、舞台化され『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE-として、2018年1月より東京・天王洲 銀河劇場にて上演されることが決定した。

原作「GANTZ」は、死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた、奥浩哉によるSF大作。掲載終了後もアニメ、実写映画、フルCG映画化など様々な形でメディアミックスされてきた。舞台版の脚本と演出は『レインマン』『ファントム』など、演劇の醍醐味を駆使した巧妙な演出と人間ドラマに定評のある鈴木勝秀が手掛ける。

主人公の玄野計役は、ミュージカル『タイタニック』など、話題作への出演が控える百名ヒロキ。さらに、加藤勝役として高橋健介、西丈一郎役として佐藤永典、ヒロイン岸本恵役として浅川梨奈、舞台版オリジナルキャラクターである矢野誠役として藤田玲、坂本実役として村瀬文宣らの出演も発表された。さらに、主人公に立ちはだかる和泉紫音役として『仮面ライダー鎧武/ガイム』、映画『新宿スワン』などで知られる久保田悠来が務める。久保田の舞台出演は、約4年ぶり。

008312_02.jpg

上演決定に伴い、百名、高橋、佐藤、浅川、久保田ら5名からコメントが届いた。

◆百名ヒロキ(玄野計役)
衣装合わせの時に、GANTZスーツを初めて来た瞬間の高揚感はものすごいものでした。「GANTZ」のアニメやマンガは学生時代から見ていて、その作品が、次は舞台上で玄野計になるということなんだと自覚した瞬間でもありました。
舞台でこの世界観が、そしてネギ星人がどのようになるのか楽しみがさらに増しました。玄野計という大役をいただいたからには、皆様の納得のいくように「GANTZ」の世界を全力で生きていこう思います。またあのGANTZスーツを着るのが楽しみです。

◆高橋健介(加藤勝役)
「GANTZ」という非常に人気も知名度もある作品に携わらせていただくことを嬉しく思います。そして加藤が貫く信念と真正面から向き合い、舞台上でも「GANTZ」の世界でもしっかりと生き抜いていきます。皆様の期待以上の作品にしたいと思いますのでよろしくお願いします。

◆佐藤永典(西丈一郎役)
連載中ずっと読んでいた「GANTZ」西丈一郎くんをやれること、脚本・演出の鈴木さんとまたご一緒できること、そしてはじめましての皆様との出会い、とても胸が高まっています!演劇版「GANTZ」ぜひ楽しみにしていて欲しいです!

◆浅川梨奈(岸本恵役)
「GANTZ」舞台化、携わらせていただけることを心から嬉しく思っております。原作漫画もアニメも実写も映画も『GANTZ:O』もすべて見ているファンなので「GANTZ」の世界で生きることができる喜びを、見てくださる皆様にお伝えできればなと思っております。私自身も大好きな岸本を全力で演じさせていただきますので、舞台『GANTZ:L』楽しみにしていてください!

◆久保田悠来(和泉紫音役)
この度GANTZの世界に飛び込めることへの喜びと興奮を覚えると同時に、新たな始まりに携われることを光栄に思います。私自身、初舞台から10年が経ち4年半ぶりの板の上。もう一度初心に立ち返り原作への愛とリスペクトを大事に、皆様を「GANTZ」の世界へと誘いたいと思います。黒い玉の部屋でお待ちしております。

『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE-は2018年1月26日(金)から2月4日(日)まで、東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。

【公式HP】http://www.gantz-l-stage.jp
【公式Twitter】@stage_gantz_l

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:L」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 008312.jpg
  • 008312_02.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る