エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

20周年記念「少女革命ウテナ」を吉谷光太郎がミュージカル化!幾原邦彦もスーパーバイザーとして参加

008307.jpg

1997年に放送され一大センセーションを巻き起こしたTVアニメ『少女革命ウテナ』が、放送20周年を記念して2018年3月にミュージカル化することが決定した。

「少女革命ウテナ」とは、王子様に憧れる男装の少女・天上ウテナが『薔薇の花嫁』と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会うことから<世界を革命する力>を手に入れるための闘いに巻き込まれていく物語。少女たちが抱える心の闇やコンプレックスを哲学的な言葉と独創的な切り口で描き、同年代の少女たちに大きな衝撃を与えた。

今回のミュージカルでは、タイトルをミュージカル『少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~』とし、ウテナとアンシーの出会い、桐生冬芽や西園寺莢一など生徒会メンバーと“薔薇の花嫁”を奪い合う決闘を描く。

脚本・演出は、舞台『男水!』やミュージカル「ヘタリア」シリーズなどを手掛けた吉谷光太郎が担当。さらに「少女革命ウテナ」の生みの親である幾原邦彦監督も、スーパーバイザーとして参加する。キャストなどの詳細は、続報を待とう。

ミュージカル『少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~』は、2018年3月8日(木)から3月18日(日)まで上演予定。

【公式HP】http://musical-utena.com/
【公式Twitter】@musical_utena

「少女革命ウテナ」ミュージカル化決定

(C)ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会
(C)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 008307.jpg
  • 「少女革命ウテナ」ミュージカル化決定

関連タグ

関連記事

トップへ戻る