HEADLINE

ニュース

ミュージカル『メンフィス』製作発表!演出も務める山本耕史に濱田めぐみらが寄せる期待と信頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008220.jpg

2017年12月2日(土)から東京・新国立劇場 中劇場にて、ミュージカル『メンフィス』が上演される。2年ぶりの再演となる本作は、1950年代のアメリカ・メンフィスを舞台に、当時タブーとされた黒人の音楽であるブルースを、ラジオやTV番組に紹介した実在の白人ラジオDJの半生をモデルに描いた物語。11月2日(木)に東京都内にて本作の製作発表が行われ、山本耕史をはじめ、濱田めぐみ、ジェロ、伊礼彼方、米倉利紀が登場した。

2015年に日本初演された本作は、ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンが手掛けたソウルフルな音楽に乗せて、山本、濱田、ジェロをはじめとする実力派俳優たちの熱唱と熱演が話題となった。また、作品の根底に流れる人種差別問題に心を震わせた観客も少なくなかったという。

再演を迎え、主人公ヒューイ役の山本、ヒューイが恋する黒人シンガー・フェリシア役の濱田、フェリシアの兄・デルレイ役のジェロは初演に引き続き出演、そして今回からデルレイが経営するクラブの従業員ゲーター役の米倉利紀、ラジオ局の清掃員ボビー役の伊礼彼方が初参加となった。

メンフィス_2.jpg

製作発表は、抽選で選ばれた観客が見守る中、ピアノ生演奏によるニライブからスタート。ジェロが登場し「Underground」でメンフィスの街を説明するように歌うと、入れ代わりに山本が「The Music of My Soul」で白人で生まれたが、黒人音楽に心奪われたヒューイの生い立ちを熱唱。伊礼が「Big Love」で会場の空気を一気に熱くすると、濱田が「Colored Woman」で、黒人として生まれたフェリシアの苦悩を歌い上げた。「Say A Player」では米倉のソロに、伊礼、山本が加わって見事なハーモニーを響かせ、最後は「Steal Your Rock'n Roll」を全員で歌い上げた。

山本耕史.jpg

ミニライブの後は、キャストたちによる会見が行われた。今回、山本が演出に参加する「新演出版」となることで、どのような作品を作っていこうとしているのか、山本の演出のこだわりどころに話題が集まった。山本は「どのシーンもこだわっているんですが、しいていうなら(一つひとつの場面という)点ではなく(作品として)大きな丸になるように作りたいと思っています」と語った。また「前回もよかったんですが、抽象的な印象もあったので今回はよりリアルに、よりシャープに表現したいです」と仕上がりのイメージを表現していた。

山本の演出プランの話から、伊礼が「ネタバレになりそうだから詳しく言えないこともあるんですけどね?」と話を振ると、山本は言葉を選びつつ「・・・例えば、お客さんに劇場を移動してもらう、とか・・・まあイメージなんですけどね。劇場を移動するようなことがあると(お客さんは)二度嬉しいんじゃないかなあ?」とニヤリ。場内からその言葉の真意を探るようなざわめきが起きていた。

濱田めぐみ.jpg

一方、初演から続投する濱田にはフェリシアと自身との共通点について質問が及ぶ。濱田は「集中しすぎて周りが見えなくなるところですかね(笑)。目標を定めてそれに向かって進む様が自分と似ていると思います。思いの強さとかそれを乗り越えようとするバイタリティはフェリシアと自分がリンクする部分です」。そんなフェリシアを演じるにあたり、山本の演出をどう受けているか?との問いには「全部お任せです。耕史さんについていこうと思ってます」と隣に座る山本を見ながら笑顔で答えていた。

ジェロ.jpg

一方昨年を振り返ってジェロは「前回は歌と台詞を覚えるのでいっぱいでした。できていなかったことへの反省点もあります。今回は(台詞を)喋っていないところでもどうやって演じていればいいのか、山本さんからのアドバイスもいただきつつ考えながら演じたいです」とデルレイのブラッシュアップに意気込みを見せた。

米倉利紀.jpg

今回から出演する米倉は、過去のつらい経験から喋ることができなくなったゲーターを演じる。「米倉さん自身は普段は無口ですか?」という質問に、米倉は苦笑しつつ「(隣に座る濱田を見ながら)濱田さんとは何本かお仕事をご一緒させていただいているので、本当に仲良くさせていただいていますが、稽古場では無口です。僕の普段を知っている方には真逆と思われると思いますが、一幕ほとんど喋らないまま舞台上にいるという、僕にとっては新しいチャレンジをしているところです」と今の状況を説明した。また初出演ということで、「初演のキャスト、スタッフ、ファンの皆様に敬意を示しながら、山本さんのかじ取りで米倉利紀らしいゲーターを演じたいと思います」と役への思いを表した。

伊礼彼方.jpg

伊礼はこの日、人生初となる「黒塗り」(黒人役を演じるときに使用する肌色が濃いめのメイク)に挑戦。「どうですかね?黒く見えますか?・・・見えないようですね。皆首を横に振っていますね(笑)。この反応を参考にしたいと思います」と場を和ませた。山本に対しては「頼りになる兄貴です。それでいて僕たちを信頼してくれているので、自由にさせて遊ばせてくれます。その上で大事なところを判断してくれる人です。僕は一人のプレーヤーとして山本さんの力になりたいと思います」とリスペクト。

メンフィス_1.jpg

新しいキャストと新しい演出が入り、新たな魂が込められる『メンフィス』。山本は「初演の時から、この作品にまた再会できると思っていました。作品のテーマは差別といった重いものですが、舞台を観終わった後は爽快な感覚が残ると思います。感覚から入ってテーマに気づいてもいいし、その逆でもいい。どちらからでも楽しんでいただける作品を作っていきたいと思います」と締めていた。

ミュージカル『メンフィス』は、12月2日(土)から12月17日(日)まで、東京・新国立劇場 中劇場にて上演される。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

メンフィス(2017)

作品情報メンフィス(2017)

世界を動かしたのはいつも音楽だった

  • 公演:
  • キャスト:山本耕史、濱田めぐみ、ジェロ、米倉利紀、伊礼彼方、栗原英雄、根岸季衣、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP