HEADLINE

ニュース

極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』で新たに「語り師」が誕生!折笠富美子、竹内順子ら女性キャストも初参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008217.jpg

2018年3月に上演される極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』。極上文學シリーズではこれまで、役を読む「読み師」、表現を担う「具現師」、二つの役割が設けられてきたが、本作では新たに、声だけで極上文學の世界を表現する「語り師」が加わることが発表された。

本作に「語り師」として参加するのは、赤羽根健治、折笠富美子、竹内順子、田丸篤志、三浦祥朗、山口智広の6名。極上文學シリーズに女性キャストが参加するのは、これが初となる。

このほか、「読み師」又三郎役として納谷健と深澤大河、よだか役として藤原祐規と三浦海里、一郎・鷹役として鈴木裕斗と白柏寿大、嘉助・弟役として松本祐一、市瀬秀和、「具現師」として美木マサオ、福島悠介、濱仲太(ナイスコンプレックス)、萩原悠、百瀬友水(ナイスコンプレックス)の出演が発表されている。

“朗読”に徹する語り師が、読み師たちとどう絡み作品を彩るのか。読み師×語り師×具現師で生み出す新たな極上文學に注目だ。

極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』は、2018年3月8日(木)から3月13日(火)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演される。チケットは、12月2日(土)12:00より一般発売開始。

チケットの先行発売の日程は、以下のとおり。

【キャラクター先行】11月11日(土)12:00~11月19日(日)23:59
受付URL:イープラス http://eplus.jp/gokujo/
【プレリザーブ】11月22日(水)11:00~11月26日(日)23:59
受付URL:チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/kaze-yodaka/(PC・MB共通)

【公式サイト】https://www.gekijooo.net/
【公式 Twitter】@MAG_play

『風の又三郎・よだかの星』

(C)2017 CLIE/MAG.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP