HEADLINE

ニュース

『戯伝写楽 2018』メインビジュアル公開!橋本さとし、小西遼生、中川翔子らが粋な着物姿で江戸を彩る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008180_01.jpg

2018年新春に、東京をはじめ久留米、名古屋、兵庫で上演されるJapanese Musical『戯伝写楽 2018』のメインビジュアルが公開された。メインビジュアルでは、斎藤十郎兵衛役の橋本さとし、喜多川歌麿役の小西遼生、与七(栗山航とWキャスト)役の東山義久の初演から続投のキャストと、新たに加わった中川翔子、壮一帆、栗山、池下重大、山崎樹範、吉野圭吾、村井國夫の10名が粋な着物に身を包んだ姿を披露している。

合わせてオフィシャルサイトが公開され、橋本、中川、小西、壮、脚本を手掛けた中島かずきのコメント映像も公開された。

008180_02.jpg

008180_03.jpg

008180_04.jpg

008180_05.jpg

たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽が、実は女だった?!という大胆な着想から、写楽の謎に迫り、喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、太田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に才を競い熱く生きた芸術家達の姿を描いた本作。演出は河原雅彦、作詞は森雪之丞、音楽は立川智也が担当する。

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』は2018年1月12日(金)から1月28日(日)まで東京・東京芸術劇場にて上演される。その後、久留米、名古屋、兵庫を巡演。日程は以下のとおり。

【東京公演】2018年1月12日(金)~1月28日(日) 東京芸術劇場
【久留米公演】2018年2月3日(土)~2月4日(日) 久留米シティプラザ
【名古屋公演】2018年2月7日(水) 日本特殊陶業市民会館
【兵庫公演】2018年2月10日(土)~2月12日(月・祝) 兵庫県立芸術文化センター

【オフィシャルサイト】https://sharaku2018.amebaownd.com/

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP