HEADLINE

ニュース

市村座が帰ってきた!市村正親ひとり芝居『市村座』2018年5月に上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008164.jpg

2018年5月に東京・日生劇場にて、市村正親ひとり芝居『市村座』の上演が決定した。日本を代表する俳優の市村が、『屋根の上のバイオリン弾き』や『ラブ・ネバー・ダイ』など自身の代表作で公演を行ってきた日生劇場に、一人立つ。

市村座は1998年にスタート。その後、2016年8月に12年ぶりに復活し、エネルギー溢れる音楽講談、歌、ダンスで大勢の観客の好評を博した。演出は、市村座旗揚げ時からタッグを組んでいる高平哲郎が務める。

古希を目前にしながらも、常に進化し続ける市村。今回の市村座ではどんな姿を見せてくれるのだろうか?

市村正親ひとり芝居『市村座』は2018年5月上旬に東京・日生劇場にて上演される。

【公式HP】http://hpot.jp/stage/ichimuraza

※高平哲郎の「高」は「はしごだか」が正式表記

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP