エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

安蘭けい&古舘佑太郎の音楽座ミュージカル『とってもゴースト』映画化プロジェクトに永山たかしの出演決定

008137.jpg

「日本にもっとミュージカル文化を」の思いからミュージカル映画を撮り続けている角川裕明が、2018年夏公開に向け、音楽座ミュージカル『とってもゴースト』の映画化プロジェクトを進めている。この度、安蘭けいと古舘佑太郎がW主演する本作に永山たかしの出演が明らかとなった。

元となっているのは、1989年に音楽座で初演されたオリジナルミュージカル。ファッションショー直前で事故にあい幽霊になってしまったファッションデザイナー・入江ユキ(安蘭)と、幽霊となったユキと出会い、デザイナー志す青年・服部光司(古舘)を中心とした物語が展開する。永山は、あの世とこの世を繋ぐガイド役として重要な役割を果たすという。

本作の撮影開始は2018年1月を予定しており、現在クラウドファンディング「MotionGallery」にて、制作費調達などを目的とした支援を募っている。クラウドファンディングの終了日は本日10月20日(金)まで。興味を持った方はぜひ下記サイトにて詳細を確認いただきたい。

また、撮影開始に向けて出演者ワークショップ&オーディションの開催も決定した(11月実施予定)。こちらの動きにもご注目を。

【『とってもゴースト』公式サイト】http://japanesemusical.com/
【MOTIONGALLERY】https://motion-gallery.net/projects/tottemo/

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 008137.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る