エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ポニーキャニオンが未来型ライブ劇場を再開発の「Hareza池袋」内にオープン

株式会社ポニーキャニオンが、最新鋭の映像・通信技術を駆使した未来型ライブ劇場を東京・池袋にオープンすることを発表した。このライブ劇場は、新複合商業施設「ハレザ(Hareza)池袋」内に2019年完成予定の新ホール棟(1階)の一角を、ポニーキャニオンが借り受け、運営を行うもの。

最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場として作られるこの劇場は、ライブやコンサートだけでなく、バーチャルなキャラクターによるライブ、アニメ・ゲーム関連の舞台やミュージカル、実況中継イベントなど幅広いコンテンツの発信地を目指すとのこと。

「Hareza 池袋」は、豊島区庁舎跡地および豊島公会堂跡地の再開発「(仮称)豊島プロジェクト」に、豊島区が建設する(仮称)新区民センターと、中池袋公園を加えたエリアを指す。エリアには、このライブ劇場ほか、ミュージカルや伝統芸能を公演するホールやアニメ、サブカルチャーを楽しめる空間など、個性の異なる8つの劇場空間が整備される予定だ。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る