HEADLINE

ニュース

少年社中×東映第2弾『ピカレスク◆セブン』鈴木勝吾、宮崎秋人、椎名鯛造らを迎え3都市で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008062.jpg

2018年1月に、毛利亘宏が主宰する劇団少年社中の20周年を記念した第1弾公演『ピカレスク◆セブン』が、東京、大阪、愛知の3都市で上演される。2016年3月に上演された『パラノイア★サーカス』に続く少年社中×東映の舞台プロジェクト第2弾でもある本作で毛利が描くのは、登場人物全員が“悪者”のピカレスクロマン。

すでに、井俣太良をはじめとする劇団員12名の出演が発表されていたが、新たに鈴木勝吾、宮崎秋人、椎名鯛造、佃井皆美、相馬圭祐、丸山敦史、唐橋充、松本寛也、細貝圭、大高洋夫の出演も明らかとなった。

現在、2017年2月より放送が始まった『宇宙戦隊キュウレンジャー』の脚本でメインライターも務めている毛利。主人公にヒーローではなく“極悪人”を据え、どんな物語を生み出すのか。20周年を迎えた劇団少年社中の生み出すエンターテイメントに、注目だ。

【あらすじ】
時は江戸時代。三代将軍、トクガワイエミツの治世。
長き戦乱の世は終わりを告げトクガワ幕府の元、天下の泰平は栄劫に続くかに思われた。
だが・・・。世を再び乱世に戻さんとする者が現われる。
「東照大権現・トクガワイエヤス」。
かつてトクガワ幕府を開き泰平の世の礎を築き上げたその人であった。
幕府より黄泉がえりしトクガワイエヤスは「神」を名乗り、神々の軍団を率いて瞬く間に日ノ本を手中に収める。民は嘆き悲しみ、日ノ本は闇に包まれる・・・。さらに、その魔の手は世界にまで伸びようとしていた。
だが、その中にあってイエヤスに反旗を翻さんとする者たちがいた。
人は彼らをこう呼んだ「ピカレスク◆セブン」と。
イエヤスの孫「トクガワイエミツ」は、異世界[物語の世界]より召喚されし[七人の極悪人]を率いて日ノ本を奪還するための戦いを始めるのであった。
だが、一筋縄ではいかない7人の極悪人。
その一人である「マクベス」は、すべてを裏切り、日ノ本を自らの手中に収めようとする。
果たして日ノ本を手にし、世界をその手に収めるのはいったい誰なのか?
7人の悪漢たちは裏切りの果てにいったい何を見るのか?
今世紀最大のピカレスクロマンが幕を開ける―。

少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』は、2018年1月6日(土)から1月15日(月)まで東京・サンシャイン劇場にて上演される。その後、大阪、愛知を巡演。日程の詳細は、以下のとおり。チケットは、11月19日(日)10:00より一般発売開始。

【東京公演】2018年1月6日(土)~1月15日(月) サンシャイン劇場
【大阪公演】2018年1月20日(土)・1月21日(日) サンケイホールブリーゼ
【愛知公演】2018年1月27日(土)  岡崎市民会館 あおいホール

【公演特設HP】http://www.shachu.com/p7/
【少年社中公式HP】http://www.shachu.com/
【少年社中公式Twitter】@shonen_shachu

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP