HEADLINE

ニュース

福士蒼汰、宮野真守らが臨む月髑髏始動!テーマは“若気の至り”『髑髏城の七人』Season月製作発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008026.jpg

360°客席が回転するエンターテイメントステージ、劇団☆新感線『髑髏城の七人』のSeason月が、2017年11月23日(木・祝)より上演される。花・鳥・風とSeasonごとにキャストと演出を変え上演してきた本作だが、Season月では「上弦の月」と「下弦の月」のWチーム制を導入、「上弦の月」の主演に福士蒼汰、「下弦の月」の主演に宮野真守を迎え、それぞれ別キャストで行われる。9月25日(月)の製作発表記者会見には、主要キャスト全員と中島かずき(作)、いのうえひでのり(演出)、そして事前抽選で選ばれた約1000人のファンが集まった。

当日登壇したキャストは、「上弦の月」より福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、高田聖子、「下弦の月」より宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大、羽野晶紀の計12名。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_2

会見スタートと共に、ステージから噴き出す真っ白なスモーク。そこからキャスト陣が現れるかと思いきや・・・客席横の扉から一人ずつキャストが現れる。思わぬサプライズに、会場には大歓声が響いた。

ステージ中央には、さながら“満月”の巨大ボールが出現し、それが弾けた中には、二つの影・・・福士と宮野だ。月をイメージしてか、福士は杵のような棒を担ぎ、宮野は兎のお面をかぶって登場した。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_19

『髑髏城の七人』Season月製作発表_18

福士と宮野が演じるのは、主人公の捨之介。Season花では小栗旬がヒーロー然と演じ重厚な物語となった。Season鳥では阿部サダヲがギャグと歌と踊りで賑やかなエンターテイメントにし、現在公演中のSeason風では松山ケンイチが捨之介と対立する天魔王の一人二役に挑戦している(過去には古田新太、市川染五郎が一人二役で上演)。同じ物語ではあるがまったく異なる演出となり、リピーターからは「ぜんぜん違う舞台を観ているようだ」といった声が多く聞かれる。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_3

全体的に役者の年齢がぐっと下がったSeason月はどうなるか、いのうえと中島は「全体的に“若気の至り”というテーマ。若さゆえの良さ、脆さを描きます。オープニングも大きく変えるので驚くと思いますよ」と、今回のポイントを挙げた。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_4

『髑髏城の七人』Season月製作発表_5

初舞台となる福士は「何を緊張したらいいのか分からないくらいですが、自分らしく」と、緊張した面持ちながら素直に語った。対する宮野は「自分だけ若くないし、立ち回りの経験もないんです」と自虐しつつ、堂々と「現場で本気をぶつけられる座長でありたいです」とすでに座長の安定感を感じさせた。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_6

『髑髏城の七人』Season月製作発表_7

「上弦の月」で天魔王を演じる早乙女は、Season鳥にも出演するなど新感線の舞台は5度目となる。新感線への出演が初めてのキャストが多い中、「何でも僕に聞いてください。・・・全部ウソを教えますから(笑)」と冗談で笑わせた。「下弦の月」天魔王役の鈴木は「(両チーム)皆でいいものにしたいです」と気遣い溢れ、かつ早乙女のフォローのようでもある言葉を笑顔で添える。2チーム制とはいえ、両キャストを含めた「Season月」チーム全体の雰囲気の良さが伺えた。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_8

『髑髏城の七人』Season月製作発表_9

捨之介、天魔王とも因縁のある「上弦の月」蘭兵衛役の三浦は、同じチームの早乙女の“ウソ”発言を受けつつ「(Season鳥で蘭兵衛役を演じた)太一くんから盗みたい。2チーム一緒に切磋琢磨したいですね」と意気込み、「下弦の月」蘭兵衛役の廣瀬は、ビジュアル撮影の時に“微笑んで”とリクエストがあったことを明かし、「蘭兵衛は“微笑みの貴公子”なのかな」と役へのイメージを語った。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_16

早乙女も、過去に蘭兵衛役として痛烈な色気と優雅な殺陣で観客を魅了したため、司会者から蘭兵衛像について聞かれたが、「え?え?」とまったく話を聞いていなかった様子。そのマイペースな反応で、全体の空気がふっとゆるんだりと、すでに不思議な一体感を感じさせた。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_10

『髑髏城の七人』Season月製作発表_11

派手な傾奇者たちの頭目でやんちゃな雰囲気の兵庫は、「上弦の月」では須賀が、「下限の月」では木村が演じる。須賀は「これまでの兵庫役の中でも自分が一番若いので、元気いっぱいやりたいです」と、すでに“元気いっぱい”満面の笑顔で、会場を明るくさせる。対して木村は、とても神妙な面持ちで「(過去に演じた)橋本じゅんさんのイメージが強く、逃げ出したい・・・」と言っていたが、真剣な眼差しには挑戦の心が見られた。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_12

『髑髏城の七人』Season月製作発表_13

また、物語のキーマンとして女性が演じていた沙霧が、本作では男性が演じる「霧丸」となっている。演じるのは、「上弦の月」では平間、「下弦の月」では松岡だ。同事務所の先輩後輩としても仲が良く、身体能力の高い二人がこの役をどう演じるのか、期待が高まる。平間は「今のところ楽しみでしかない!」と喜びの表情を見せ、松岡は「男ならではの、すごく熱いものが感じられる舞台になりそうです」と、Season月ならではの魅力を語った。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_14

『髑髏城の七人』Season月製作発表_15

そして紅一点となる極楽太夫となるのは、劇団員でベテランの羽野(上弦の月)と高田(下弦の月)。二人とも1990年代に極楽太夫を演じている。高田は「メンバーは皆、息子みたいなものです」、羽野も「27年ぶりに演じます。あの時は、私も皆くらいだったのに(笑)」と若いメンバーを母親のように見回す。その二人の視線は、“若気の至り”という言葉を背負う青年たちを包み込む、女の懐の深さを感じさせた。稽古はまだ始まったばかりだというが、良い座組となりそうだ。

『髑髏城の七人』Season月製作発表_17

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season 月 Produced by TBSは、現在公演中の「Season風」が11月3日(金・祝)に千秋楽を迎えた後、11月23日(木・祝)から2018年2月21日(水)に東京・IHIステージアラウンド東京にて上演される。また、10月5日(木)には全国の映画館で昼・夜公演のライブ・ビューイングが開催される。詳細は、公式HPにてご確認を。

(取材・文・撮影/河野桃子)

(文/エンタステージ編集部)

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season 月 Produced by TBS

作品情報ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season 月 Produced by TBS

  • 公演:
  • キャスト:福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、 高田聖子、渡辺いっけい、宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大、羽野晶紀、千葉哲也、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP