HEADLINE

ニュース

柚希礼音が運命に翻弄される女性に!ミュージカル『マタ・ハリ』新ビジュアル公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007900.jpg

2018年1月から大阪、2月から東京で、ミュージカル『マタ・ハリ』が上演される。作曲家フランク・ワイルドホーンが手掛けた最新作であり、20世紀初頭にパリで活躍した実在のダンサーでありフランスのスパイとも言われていた女性「マタ・ハリ」をモデルに描いた本作。2016年の韓国初演時には、素晴らしい楽曲と豪華なセットが話題となり大ヒットした。この度、日本初上演に出演する柚希礼音、加藤和樹、佐藤隆紀(LE VELVETS)、東啓介を配した新ビジュアルが公開された。

【あらすじ】
1917年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスで、パリ市民の心をとらえて放さないダンサーがいた。名はマタ・ハリ。彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を手にしていた。その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥー大佐は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。もし断れば、人生を賭けて隠してきた秘密を暴くことになる。そう、ほのめかしながら・・・。

自らの過去に戻ることを恐れ、おびえるマタ。同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、二人は、ともに美しい夜明けのパリを眺め、人生を語りあう。一方ラドゥーの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ。彼女の世話を続けてきた衣裳係アンナの祈りの中、公演旅行でベルリンへ向かい、ドイツ将校ヴォン・ビッシング宅で、任務を無事遂行する。しかし、謀略はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めようとしていた・・・。

マタ・ハリ役を演じるのは、元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希。また、マタ・ハリの運命を変える二人の男性、フランス諜報局の大佐ラドゥー役とその部下アルマン役を、加藤が日替わりで演じ、そのWキャストを佐藤(ラドゥー役)、東(アルマン役)が務める。

このほか、新人パイロットのピエール役として西川大貴と百名ヒロキ(Wキャスト)、フランスの首相パンルヴェ役として栗原英雄、マタ・ハリが唯一心を許す衣裳係のアンナ役として和音美桜、ドイツの高等将校ヴォン・ビッシング役として福井晶一が出演する。訳詞・翻訳・演出を手掛けるのは石丸さち子。

ミュージカル『マタ・ハリ』は、2018年1月21日(日)から1月28日(日)まで、梅田芸術劇場メインホールにて、2月3日(土)から2月18日(日)まで、東京国際フォーラム ホールCにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP