HEADLINE

ニュース

極上文學にさらなる新風!『風の又三郎・よだかの星』白柏寿大、納谷健、深澤大河、三浦海里が初参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007873.jpg

2018年3月の上演される極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』。市瀬秀和、鈴木裕斗、藤原祐規の出演がすでに決定しているが、新たに追加キャストが発表された。今回、出演が明らかとなったのは、白柏寿大、納谷健、深澤大河、松本祐一、三浦海里の5名。白柏、納谷、深澤、三浦は、これが極上文學シリーズ発登場となる。松本は、第10弾の『春琴抄』以来。

また、注目の公演ビジュアルは、宮沢賢治作品を数多く漫画化しているますむらひろしが担当する。

極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』は、2018年3月8日(木)から3月13日(火)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演される。

【公式サイト】https://www.gekijooo.net/
【公式 Twitter】@MAG_play

(C)2017 CLIE/MAG.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP