HEADLINE

ニュース

宝塚歌劇団元月組トップスター龍真咲、オーチャードホールで6000人を魅了!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007849.jpg

2017年8月26日(土)・8月27日(日)に東京・Bunkamuraオーチャードホールにて、宝塚歌劇団元月組トップスターの龍真咲が待望のコンサートを開催した。このコンサートは、昨年9月に宝塚歌劇団を卒業した龍が、8月23日(水)にリリースしたファーストアルバム「L.O.T.C 2017」をひっさげて行われたもの。2日間、計3公演には6,000人の観客が集い、龍の歌声に酔いしれた。そのオフィシャルレポートが届いたので、紹介しよう。

オープニングでは、神秘的な照明と映像の中、豪華絢爛な衣裳に身を包んだ龍が、ステージの2階に登場!ステージ上で早替えをした龍は、シックなドレス姿でダンサーを従え「コパカバーナ」を歌い踊る。会場は一気にラテンの世界へ!数曲歌いあげた後、今宵初のMCを務める龍。「皆さんを歌で世界各地へお連れします!」と宣言したあと、観客を新しい世界へと導いていく。日本の世界ではアニメソングをメドレーでつなぎ場内を盛り上げ、さらに場面が変わると白と黄色の素敵なコスチュームに身を包んだ龍が華麗なダンスでステージを縦横無尽に駆け巡る。その後も様々な世界を旅し、最後は「ゴッドファーザー愛のテーマ」と共に世界巡りの幕を降ろした。

龍真咲コンサート_2

続いて、今回のコンサートのために新たに撮り下ろされたレスリー・キー氏によるショートムービーがスクリーンに映し出された。その内容は、龍が宝塚のトップスターからJ-POPのシンガーとして生まれ変わり、渋谷の駅からオーチャードホールまで駆け込んでくるというものだ。妖艶な雰囲気を帯びた龍が映像からステージに再登場する演出と共に、一気に場内はアルバム「L.O.T.C 2017」の世界へと変わる。

ステージのセンターにスタンドマイクを置かれると、世界巡りの旅をイメージした前半とは異なり“魅せる”ステージから“聴かせる”ステージへ。ここからアルバム収録曲をMC無しで全曲披露し、本編を終了した。

龍真咲コンサート_3

前半と後半でステージの違いを持たせることで、これまで龍を応援してきた宝塚時代からのファン、そして新しいファンに向けて、龍がこれから宝塚のトップスターからJ-POPシンガーとしての道を進んでいくことを伝える熱いメッセージとなったのではないだろうか。「ここオーチャードホールでのコンサートを新たな“龍真咲”のスタートにできればと思います!」と熱く語る龍の言葉に、その覚悟を感じられたコンサートとなった。

今後は、以下の日時・会場でそれぞれイベントが催される。

◆龍真咲 新曲「L.O.T.C 2017」発売記念イベント イベント&特典会
【日程】 2017年9月10日(日)16:00スタート
【会場】 兵庫・阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ

◆金峯山寺ご奉納 龍真咲「世界遺産コンサート」
【日程】 2017年9月16日(土)18:00 開演
【会場】 吉野山「金峯山寺」蔵王堂前 特設ステージ

(取材・文・撮影/オフィシャル提供、編集/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP