エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

西田大輔のもののふシリーズ、2018年2月に新作として第3弾の上演が決定!

007826.jpg

西田大輔が脚本・演出を手掛け、時代を疾走する男たちの生きざまを描く「もののふ」シリーズ待望の新作が、2018年2月に上演されることが決定した。圧倒的な殺陣数とアクションで注目を集めた本シリーズは、これまでに第1弾として安西慎太郎、横浜流星主演で白虎隊の青春を描いた『もののふ白き虎』(2015年)、第2弾として青木玄徳演じる斎藤一を主軸に新撰組なき後を描いた『瞑るおおかみ黒き鴨』(2016年)を上演。時代に翻弄されながら生きる若者たちの姿を、豊かな情感と迫力で描いてきた。

もののふシリーズ第3弾で、西田はどんな熱き人間ドラマをを描くのか。出演キャスト、公演日程などの詳細は、続報を待とう。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 007826.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る