HEADLINE

ニュース

松本岳、橋本祥平らとパートナーデジモンとの絆が導く超進化!超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri.』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ

2017年8月5日(土)より東京・Zeppブルーシアター六本木にて超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』が開幕した。本作は1999年のTVアニメ放送開始から、様々なマルチメディア展開がされてきた『デジモンアドベンチャー』シリーズの中でも、TVアニメシリーズの放送15周年を記念して製作された最新作『デジモンアドベンチャー tri.』を初舞台化した作品。その初日前日に囲み取材と公開ゲネプロが行われ、松本岳、橋本祥平、森田涼花、上村海成、田上真里奈、小松準弥、野見山拳太、重石邑菜が登壇した。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_2

『デジモンアドベンチャー tri.』のサイドストーリーとして、“選ばれし子どもたち”8人を描く舞台版オリジナル・ストーリーとなる本作。八神太一役の松本は「今回のタイトルにもあるように、デジモンが人間と一緒に進化していくところが見どころで、迫力のあるものになっています。8人の絆や、デジモンたちパートナーと魂でつながっているところも舞台で表現できたらと思っています」と見どころを語った。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_3

本ステージの魅力でもあるデジモンたちの表現。成長期のデジモンたちは操り人形として舞台上で表現され、出演者たちと息の合った演技を披露する。石田ヤマト役の橋本は「デジモンたちは僕ら人間同様にステージ上で生きています。僕らとのやり取りや可愛い動きなどを見て欲しいです。ちゃんと人形としてもお芝居をしていますし、僕らに向ける目線も本当に愛くるしいです」とその魅力を明かした。

そのパートナーデジモンたちの声はアニメ版と同様の声優が演じることで、原作ファンにも違和感なく舞台版を楽しめる作りとなっている。子供の頃に太一に憧れていたという松本は「アグモンの声優の坂本(千夏)さんのセリフを聞いた時は鳥肌が立つぐらいの感情になってしまい、うらやましいだろ?と自慢したい気持ちになりました(笑)」と興奮が伝わる言葉で登壇者の笑いを誘った。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_4

ファンも気になる進化表現に関して、武之内空役の森田は「タイトルにあるように、ほんまに超進化の映像がすごくて、進化して出てくるデジモンたちもすごい豪華です」とコメント。迫力ある進化シーンの映像とリアルな造形のコンビネーションで表現される超進化は、ファンならずとも圧倒される。どのデジモンが超進化するのか?そして究極体も登場するのか?ぜひ劇場でワクワクしながら観て欲しい。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_5

『デジモン』シリーズは人間ドラマも魅力の一つ。その魅力を引き出すのは気鋭の演出家、谷賢一。森田が「谷さんが人の心情や気持ちを演出してくれるので、演劇が好きな人も、小さい子も大人もいろんな人が楽しめる舞台になっています」と語るように、その演出により、デジモンを知らない人でも楽しめる作品と仕上がっている。泉光子郎役の上村も「デジモンアドベンチャーは小さい頃から長く愛されてきた作品なので、幅広い年代の方に観て頂ける作品です」と同意。城戸丈役の小松は「演出やストーリーに泣けるところが本当に多いです。“選ばれし子どもたち”とパートナーデジモンとの絆が今回も深く描かれています」と谷によって描かれる人間とデジモンとの絆の美しさをアピールした。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_6

8人がデジタルワールドに旅立った運命の日である8月1日の時期に上演される本作について、太刀川ミミ役の田上は「この時期に舞台化できることを特別に思います。舞台の空気感や私たちの心情も含めて、一緒にデジタルワールドを体感して頂けるステージです」と感慨深く語った。そして八神ヒカリ役の重石も「この夏にピッタリの青春で、すごい爽やかで楽しい舞台になっています」と8人の青春物語も注目ポイントに挙げた。そんな、8人を演じるメンバーは皆がデジモン世代で、稽古中もデジモンの話で何時間も盛り上がっていたという。その仲の良さも踏まえて、高石タケル役の野見山は「素敵なこの作品と稽古で作り上げたものと、僕たちの仲の良さである絆をお届けできたらと思います」と意気込んだ。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_7

今回、唯一デジモンを生身で演じるエテモン役のオレノグラフィティについて、登壇者たちは「全部がおもしろい人」、「出てくると場が一層盛り上がる」など大絶賛。オレノによるエテモンと8人のキャストとのコントラストが、作品をより一層魅力あるものへとしている。

また、音楽についても、橋本が「曲も本当にデジモンが好きな方は絶対に鳥肌が立つと思います。圧倒されるようなシーンがたくさんあります」と語るように、懐かしのアニメ版OP曲などの選曲はファンにとってはたまらないものがあるだろう。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』ゲネプロ_8

デジモンたちの造形などの表現だけでなく、青春ストーリーとしても楽しめる本作。この夏、“選ばれし子どもたち”とパートナーデジモンとの絆が導く“超進化”をぜひ劇場で観て欲しい。

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』は、8月13日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。

(C)本郷よしあき・東映アニメーション (C)舞台「デジモンアドベンチャーtri.」製作委員会

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』

作品情報超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』

8月1日、8人で向かったキャンプ場には・・・

  • 公演:
  • キャスト:松本岳、橋本祥平、森田涼花、上村海成、田上真里奈、小松準弥、野見山拳太、重石邑菜、オレノグラフィティ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP