HEADLINE

ニュース

米倉涼子NYから東京へ!ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート

(C)Tanabe Keiko

2012年にブロードウェイデビューを飾った米倉涼子がNYから再びラブコールを受け、アンバサダー劇場で5年ぶりに愛人殺しの美女ロキシー・ハートを再演。その熱冷めやらぬ2週間後の8月2日(水)、東京・東急シアターオーブで全編英語版(日本語字幕付き)のブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年ジャパン・ツアーが開幕した。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート_2(C)Tanabe Keiko

初日開幕前にはプレスコールとして一部が披露されたが、集まった多くの報道陣から称賛のため息がこぼれるほどの仕上がり。その後アメリカから来日しているキャストと共に囲み取材に登場した米倉は、ロキシー役を演じることを「やっぱり楽しいです」と言った。長年愛され続ける本作の魅力については「無駄のないミュージカル。主役だけでなくキャスト全員、スタッフ、オーケストラにも気持ちが行き渡っていて、全部が一つになっているんです。(今回の日本公演では)初めて共演するメンバーも多く、リハーサルではドキドキ。でも、エキサイトしていました。いろいろなエネルギーが混ざって、素敵なショーができあがると信じています」と話した。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート_3(C)Tanabe Keiko

ロキシーのライバルである女囚ヴェルマ・ケリー役を演じるのは、日本にもファンの多いアムラ=フェイ・ライト。米倉とも、2010年の日本語版『シカゴ』で共演している。5年前の米倉も知るアムラは「彼女の英語は素晴らしいわ。ここまで来るのがどれだけ大変だったか理解できるのは、日本語でもヴェルマを演じたことがある私だけね」と、米倉を称えた。ブロードウェイやウエストエンドでも長年演じてきたアムラのヴェルマは、まさにカリスマ!アムラと米倉の二人がクライマックスで見せるダンスは、見どころの一つだ。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート_4(C)Tanabe Keiko

そして、開幕前日の8月1日(火)は米倉にとって42歳の誕生日だった。サプライズケーキが登場すると、アムラをはじめ、弁護士ビリー役でセクシーかつコミカルに観客を楽しませるブレント・バレット、作品で一番同情されるべきロキシーの夫エイモス役を絶妙な加減で演じるロン・オーバック、見事な歌声で女看守“ママ”役の欲深さを表現するロズ・ライアンの4人がアカペラで、バースデーソングのプレゼント!42歳の抱負について聞かれると、米倉は「とりあえず『シカゴ』を終わらせます!」と笑顔を見せていた。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー開幕レポート_5 (C)Tanabe Keiko

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年ジャパン・ツアーは、東京・東急シアターオーブにて8月13日(日)まで上演。当日券も若干数あり。

(取材・文/オフィシャル提供、編集/エンタステージ編集部)
(撮影/Tanabe Keiko)

(文/エンタステージ編集部)

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー

作品情報ブロードウェイミュージカル『シカゴ』20周年記念ジャパン・ツアー

米倉涼子が「シカゴ」に戻ってきた!

  • 公演:
  • キャスト:米倉涼子、アムラ=フェイ・ライト、ブレント・パレット、ロン・オーバック、ロズ・ライアン、C・ニューカマー、シャミーカ・ベン、ニコール・ブノワ、クリストフ・キャバレロ、アンドリュー・フィッチ、ローレン・ジェメリ、ダニエル・グティエレス、ブレント・ハウザー、タナー・レーン、ジェニファー・マシー、ピラール・ミルホレン、ドリュー・ネルセン、ローラ・オールダム、イヴリン・クリスティーナ・トン、コルト・アダム・ワイス、マシュー・ウィネッジ、コリー・ライト

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP