HEADLINE

ニュース

佐々木喜英「Bプロの世界へ皆様をお連れします」B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007634.jpg

2017年7月28日(金)に東京・銀河劇場にてB-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』が開幕した。「B-PROJECT(通称:Bプロ)」とは、総合プロデュースを西川貴教、企画・原作を志倉千代丸、キャラクターデザインを雪広うたこが手掛けるBIGアイドルプロジェクト。2015年9月のプロジェクトの始動以来、2016年7月にアニメ化、今年の7月19日(水)には1stアルバム「S級パラダイス」が発売されるなど、広がりを見せている。

本作は、そのプロジェクトの初の舞台化作品。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、「キタコレ」北門倫毘沙役の佐々木喜英、是国竜持役のとまん、「THRIVE」より金城剛士役の岸本勇太、愛染健十役の藤田富、「MooNs」より増長和南役の田口涼、釈村帝人役の平牧仁、「KiLLER KiNG」より寺光遙日役の滝澤諒、不動明謙役の大平峻也が登壇した。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_2

まず、佐々木は「僕はアニメをリアルタイムで観ていて『これを舞台化したらおもしろいものになるだろうな』と思っていました。出演が決まった時にはとても嬉しかったですし、今こうしてここいることが夢のようです」と喜び、役作りについては「北門には“リアル白馬のライオン王子”というキャッチコピーがあるのですが、その名の通り、王道の王子様感を意識して役作りをしてきましたので、期待ください」と丁寧に語った。

一方、とまんは「僕は2.5次元作品に出演するのが初めてなので、最初は分からないことも多かったのですが、スタッフさんやメンバーが優しくいろいろ教えてくださったおかげで、楽しく初日を迎えられました」と振り返りつつ、「竜持には、自分と似ていると思う部分と、全然違う部分、両方があります。“完全計算高嶺のキャッツ”というキャッチコピーを持つ竜持を演じるのが『僕でよかったな』と少しでも多くの方に思ってもらえるように、すべての公演が終わるまで役と向き合っていきたいと思います」と、真摯に述べていた。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_3

ダンスボーカルユニット「龍雅-Ryoga-」としても活動する岸本は、本作で初舞台を踏む。「金城剛士という人物を日々研究していくうちに、一人のアーティストとしても尊敬できるところをたくさん感じました。歌の部分はもちろん、熱い金城を演じられたら」と意気込んだ。

藤田は、2.5次元舞台への出演が初めてという。「ずっと出てみたいと思っていたので、出演が決まった時は本当に嬉しかったです。藍染の色気を出せるように、家で場毎日バスローブを着て、セクシーさを高めてきました(笑)」と私生活でも役作りに励んできたことをアピールした。「THRIVE」というユニットについては「ギラギラしすぎて衝突したりもするけど、そこは(三谷怜央が演じる)阿修(悠太)がうまくまとめてくれます(笑)。バチバチしながらも、他メンバーに対しての愛ある一面も見えますので、ぜひそこに注目してください」と、二人は息の合った掛け合いと共にコメント。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_4

続いて「最初は正直、感謝と不安でいっぱいでした」と告白した田口だったが、「稽古が進むにつれて感謝がすごく増えていって、頼りがいのあるキャストたちのおかげで不安はなくなりました」と、良き仲間に巡り会えたことを明かし、平牧は「アイドルを演じるにはギリギリな年齢にきているかもしれませんが(笑)!気持ちだけは、どの子よりもキラキラでがんばりたいと思います」と宣言。さらに「他のユニットでは出せないワクワクや笑いを届けることが『MooNs』の役目だと思いまして、しのぎを削って取り組んで参りました!」と、ユニットの“らしさ”を全面に押し出し、笑いを誘った。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_5

登場する4ユニットのうち、「KiLLER KiNG」だけはまだアニメ未登場。佐々木と同じくアニメのファンであり、楽曲の「永久パラダイス」が好きという滝澤は「『KiLLER KiNG』がどんなユニットなのか、楽しみにしてくださっている方も多いと思いますが、自分も楽しみです。誇りと責任を持って演じていきたいなと思っております」と笑顔を見せた。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_6

また、大平は「KiLLER KiNG」メンバーはオーディションで選ばれたことを明かした。「受ける前に、アニメを観たりいろいろ調べたんですけど“キラキン”が出てこないので、どうしようかと悩みまして・・・(笑)。自分なりに考えてオーディションに臨んだんですが、合格の連絡をいただいた時は飛び上がって喜びました。選んでいただいたからには、嬉しさと共に、ファンの方と同じぐらい、それ以上にキャラを愛していかなければと責任を感じました」という大平の言葉からは、作品と役に対する並々ならぬ思いが感じられた。

最後に「演出の(伊藤)マサミさんが『最後のメンバーはお客様』と言っていたのですが、(劇中)触れ合う機会も多く、本当にお客様と創り上げる舞台だなと思います。お迎えする準備はできていますので、仕事とか学校とか、僕たちといる時間は全部忘れてしんでください!」(大平)、「アイドルは、お客さんがいてこそなれるものです。日々成長する僕らを観に来てください」(平牧)などと呼びかける中、最後は佐々木が「顔合わせの際に、マサミさんが『2.5次元の中で伝説を作りたい』とおっしゃっていましたが、僕ももっともっと大きくなってほしいと思っています。タイトルのとおり、大きな波を乗り越えていく僕たちの姿を応援していただきたいです。Bプロの世界へ皆様をお連れします」と力強く締めくくった。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_7

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_8

舞台版オリジナルストーリーとして描かれる本作。「キタコレ」「THRIVE」「MooNs」「KiLLER KiNG」の4ユニットの楽曲が次々披露されるほか、Bプロメンバーが普段どんな活動をしているのかが垣間見えるシーンが、いくつも登場する。ユニット内の関係性、ユニットを超えBプロメンバーとして切磋琢磨する姿、それぞれが抱える思いが、互いを高めていく姿は、胸を打ち応援したくなる。なお、キャストが歌唱する「LIVEシーン」では、グッズを使った応援が可能。他の人の迷惑にならない範囲で、ペンライトやうちわなどを使って、Bプロを体感してみてはいかがだろうか。さらに、「お見送り」やアフタートークイベントなども決定している。注意事項や詳細は、公式HPにてご確認を。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_9

B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』は、7月28日(金)から8月6日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。また、本作のLIVE公演が8月16日(水)・8月17日(木)の2日間、東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて開催される。こちらもお見逃しなく。

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_10

なお、本作のBlu-ray&DVDが2017年12月20日(水)、LIVE版が2018年1月24日(水)に発売されることも決定した。詳細は、以下のとおり。

◆B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』【THEATER】Blu-ray&DVD
【発売日】2017年12月20日(水)
【価格】Blu-ray:9,800円(税別)/DVD:8,800円(税別)
【仕様】ディスク1:本編映像/ディスク2:特典映像(バックステージ映像)
【封入特典】ブックレット

◆B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』【LIVE】Blu-ray&DVD
【発売日】2018年1月24日(水)
【価格】Blu-ray:9,800円(税別)/DVD:8,800円(税別)
【仕様】ディスク1:本編映像/ディスク2:特典映像(バックステージ映像)
【封入特典】ブックレット

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』舞台写真_11

(C)MAGES./STAGE B-PROJECT

(文/エンタステージ編集部)

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』

作品情報B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』

総合プロデュース・西川貴教のBIGアイドルプロジェクト!

  • 公演:
  • キャスト:佐々木喜英、とまん、岸本勇太、三谷怜央、藤田富、田口涼、木津つばさ、上仁樹、千綿勇平、平牧仁、大海将一郎、滝澤諒、大平峻也、川上将大、井深克彦、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP