HEADLINE

ニュース

DRUM TAO新作『ドラムロック 疾風』は和太鼓の概念を覆す“ROCK”!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007574.jpg

2017年7月19日(水)よりDRUM TAO『ドラムロック 疾風』が東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演されている。1993年に結成され、大分県を拠点に活動する「DRUM TAO」は、世界に類のない圧倒的な音表現を持つ「和太鼓」で、世界に通用するエンターテイメントショーを作ってきた。

DRUM TAO新作『ドラムロック 疾風』舞台写真_2

2016年のオフ・ブロードウェイ公演の成功を受け、ブロードウェイに常設ステージを始める企画も始まっているという。また国内では、各地でツアー公演を行うほか、歌舞伎(片岡愛之助、市川染五郎など)、J-POP(DANCE EARTH PARTY)、アイススケート(髙橋大輔など)など、各界からの熱いオファーを受けてコラボレーションが実現。

DRUM TAO新作『ドラムロック 疾風』舞台写真_4

2017年新作『ドラムロック 疾風』は、“ROCK”のビートを美しくも圧倒的な和太鼓パフォーマンスで表現。舞台上を駆け抜けるような疾走感あふれるステージは、もはや和太鼓の概念を覆す「THE 日本エンターテイメント」とも言えよう。衣装を手掛けるのは、日本ファッション界に留まらず世界で活躍し続けるコシノジュンコ。コシノがTAOの衣装デザインを手掛けるのは、今年で6年目となるが、肉体を美しく魅せる独創的なデザインが、よりステージを魅力的に彩る。また、2016年に初タッグを組んだ、映像クリエイティブ集団ZERO-TENが今作も映像制作を担当している。前作よりさらに進化したTAOのパフォーマンスとコシノの衣装、プロジェクションマッピングとの融合は圧巻だ。

DRUM TAO新作『ドラムロック 疾風』舞台写真_5

上演にあたり、TAO代表の藤高郁夫、出演者代表の西亜里沙、岸野央明、江良拓哉、麓大輔、衣装デザイン・コシノジュンコのコメントが届いた。

◆藤高郁夫(代表)
今回、テーマをロックにしたきっかけは、2016年2月のオフブロードウェイ公演で、プロデューサーに「疾走感のある舞台を作ってくれないか。日本の伝統芸能ではなく、僕たちは日本のエンターテインメントはどんなものなのかを観たい」と言われたのが始まりでした。こんな表現すごい!と言われるものは何かと考えたとき、それが“ロック”でした。

◆西亜里沙(出演・座長)
ロックを、和太鼓、伝統楽器とコラボさせた時、どんな新風が巻き起こるのかという想いがあり、私たちも、和太鼓で新風を巻き起こしたい、という思いで創りました。テンポ感もよく、あっという間に終わってしまった、もう1回観たいと思ってもらえるステージになりました。ロックのビート、和太鼓の音圧をぜひ体感してほしいです!

◆岸野央明(出演)
ロックと和太鼓は意外にも、ぴったり合うんです。ロックなのでぜひ若者にも聞いてほしいし、和太鼓ってこんなにかっこいいんだ!と、感じてほしいです。皆さんの思っている、和太鼓のイメージを覆すようなステージになっています。ぜひ劇場に足を運んでください。

◆江良拓哉(出演)
疾風という名の通り、あっという間に終わってしまった!と思える作品です。海外のお客さんは土地によって反応は違い、スペインや南アメリカではとにかく激しく騒ぐんです(笑)日本のお客さんも同じくらい反応してくださるようになってとても嬉しいです。日本人で良かったなと思える作品になっています!

◆麓大輔(出演)
TAOの里に帰ると、みんな家族のように仲がいいです。練習はとても厳しいですが、抜け出したりせず(笑)取り組んでいます!劇場ではお客さんとの距離が近いので、目で観ても楽しめる作品です。劇場で、生で感じてください。ぜひお越しください!

◆コシノジュンコ(衣装デザイン)
日本のロックといえば60年代の勢いがありますよね。改めて新しい出発をするTAOの、サムライ魂が感じられる勢いやおもしろさのあるステージで、時代に挑戦していくTAOが観られます。私は衣装デザインで携わっていますが、いつも新鮮な気持ちでステージを楽しませてもらっています。

DRUM TAO新作『ドラムロック 疾風』

DRUM TAO『ドラムロック 疾風』は、7月30日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP