HEADLINE

ニュース

大山真志主演『トワイスアップ』&『Special Live』上演決定!「夏」をテーマに本人の厳選楽曲をお届け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007409.jpg

大山真志が主演を務める舞台『トワイスアップ~スペースオペラは今はいらない~』&『Special Live』が、2017年7月に上演されることが決定した。大河ドラマ『真田丸』(NHK)にも出演するなど活躍の幅を広げる大山が、今回挑戦するのは“ハードボイルドスペース喜劇”。構成・演出は八木橋修、脚本は山本タクが手掛ける。また、合わせて開催される『Special Live』では「夏」をテーマに大山本人が厳選した楽曲を生演奏でお届けする。

【あらすじ】
この物語は近未来の地球が舞台。
地球人と地球外生命体(ノアス)は、お互いの利益のために手と手を取り合う。時を経て、エネルギー資源を失った地球人が宇宙移住計画を進めるが、自分の惑星に地球人が移住することを反対するノアスの反乱により、地球人とノアスは敵対することに。人々は、ただ明日を生きるだけの日々を余儀なくされた。
物語の主人公、ハードボイルドな便利屋「ベック」は、その最下層の街で生きていた。ある日、カモになりそうな客を事務所に連れて帰ると、テーブルに置いてあった飲みかけのウイスキーと、側に置いていた読みかけの本の位置が変わっていた。犯人を追おうとする後輩「ロン」をベックは制するが、ロンは部屋を飛び出していく。後を追い、部屋を出ていくベックだったが、その行動が今日の悪夢の始まりだった―。
この物語は、中途半端な人間たちが、どうにか1日を生き抜いて、バーで一杯飲んで眠りにつくまでの、ハードボイルドスペース喜劇である。

共演は、大浦育子、永松文太、高田あゆみ、奥村秀人、北村まりこ、堀田怜央、赤塚篤紀。

舞台『トワイスアップ~スペースオペラは今はいらない~』&『大山真志Special Live』は、7月28日(金)から7月30日(日)まで東京・浅草六区ゆめまち劇場にて上演される。チケットは、6月24日(土)より一般発売開始。

上演時間は『トワイスアップ』70分、『大山真志Special Live』は30分を予定。
※『トワイスアップ』公演終了後、途中休憩を挟みライブスタート

【公式HP】http://www.spacecraft.co.jp/sc_stage/
【Twitter】@SpaceCraftStage

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP