HEADLINE

ニュース

玉城裕規&中村龍介のW主演映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』公開中!初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶

「メサイア・プロジェクト」最新作の、映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』が、2017年6月17日(土)より公開中。公開初日には舞台挨拶が行われ、W主演の玉城裕規(周康哉役)、中村龍介(三栖公俊役)のほか、長江崚行(御池万夜役)、山沖勇輝(柚木小太郎役)、橋本真一(小暮洵役)、中村誠治郎(諏訪部不比人役)、そして、監督の山口ヒロキが登壇した。

この日の劇場は立ち見客が出るほどの大盛況。映画上映後、出演者がステージに登壇すると大きな拍手が沸き起こる。会場が熱気に包まれる中、本作に林王芳役で出演しているボブ鈴木による司会のもと、撮影時の思い出や作品の見どころなどが語られた。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_2

まず思い出に残っているシーンについて、玉城は「少し悔いはあります。本当は(中村)誠治郎さんと同じシーンがあったけど、パツパツのスケジュールで噛み合わせがあまり良くなくて・・・。本編の中では先輩にタメ語を使える予定で“やったー!”と思っていたんですけど(楽しみにしていたシーンの撮影が)ズレてしまいました」と嘆いた。すかさず中村誠治郎が「普段の俺にもタメ語を使いたいってこと!?いいよ全然!ただ俺、結構ケンカ強いぜ?」と玉城を牽制。「怖い~!」と怯える玉城を見て、中村龍介は「お二方は同じ事務所ですよね?やべーこの事務所!」とおどけた様子で後ずさり。さっそく観客の笑いを誘っていた。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_中村龍介

中村誠治郎との絡みがあった中村龍介は「僕、誠治郎くんの殺陣アクションが大好きなんですよ。この人とアクションできることが夢の一つだったので・・・プライベートを知ってしまうと誠治郎くんってこんな感じですけど、この作品が初対面だったらもっと感動してたんだろうなと思います(笑)」と愛のあるコメント。そして殺陣の話題では「誠治郎くんの動きが速すぎて、僕、思いきり回し蹴りをくらったんですよ。僕が回りながら誠治郎くんの蹴りを避けるシーンがあるんですけど、本気で逃げてます」と裏話を披露。本気でぶつかり合った結果が、本編中で見られる躍動感へと繋がっていることを明かした。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_中村誠治郎

また中村誠治郎も「前から龍介くんと“いつか戦いたいね”と話していたので、念願叶ってのアクションシーンです。龍介くんは覚えるのがめちゃくちゃ早いので、先に覚えてやろうという年上としての意地がありました」とアクションシーンへの思い入れを語る。「蹴りが当たってしまったのは申し訳ないけど、相手が龍介くんじゃなかったら多分思いきりできないと思います」と話した表情から、絶大な信頼を置いていることが伝わってきた。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_中村誠治郎&長江崚行

一方、長江は「(本編では)一回も絡みがなかったですけど・・・」と、楽しみにしていたという中村誠治郎との共演が無かったことを残念そうにしながらも、この日の舞台挨拶で同じステージに立てたことを喜んでいる様子。隣でニコニコと笑いかける長江に、「可愛いなぁお前は」と中村誠治郎も思わず笑顔。そんな二人を見たMCも「だからここに来るまでのエレベーターでも、べったりくっついてたんですね」と舞台裏での様子を明かした。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_山沖勇輝

そんな二人のやりとりの直後に話を振られた山沖は「僕らの話いります!?」と恐る恐る切り出しつつ、記憶に残ったこととして“エレベーターのシーン”を挙げた。山沖が「こうやって映画が作られるんだ」と感じたというシーンの仕組みは、メイキングで明かされているとのこと。気になる方はぜひチェックしてみよう。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_橋本真一

続いて橋本はお風呂場のシーンを挙げ、そこで見られるメガネの曇り具合について「うまい具合に曇らないんですよ。ちゃんと本番で曇るように色んな細工をしてもらって“はい今!今!”って(ベストなタイミングで)撮りました(笑)」と秘話を明かした。お風呂場のシーンといえば、玉城自身が百円ショップで購入して監督に提案したという、シャンプーハットの小道具も必見だ。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_長江崚行

様々なメディアミックスで盛り上がりを見せる『メサイア』シリーズについて、長江、山沖、橋本の新メンバー3人は、人気作品を背負っていくことについて改めて決意を語った。長江は「先輩方が大切に積み上げてきてくれたからこそ今回の作品があり、僕たちも出演することができました。ここで止めることなく、今後もメサイアが続くようにいいものを作っていきたいです」。山沖は「先輩方が作ってきた作品の重みを感じ、僕たちはそれを背負っていかなければいけません。僕たちに後輩ができたときにも同じ重さのまま渡してあげなければいけないと思うので、しっかりと積み上げていきたいです」。橋本は「先輩方が残してくれた思いの中に“役への愛”を感じたので、先輩方以上に自分の役を愛していきたい。メサイアスーツを着られていることに誇りを持ってやっていきたいです」とコメントを残した。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』_山口ヒロキ監督

玉城と中村龍介の主演二人の役柄については、山口監督が「最初、『漆黒ノ章』ではそれほど重要な役ではなくて・・・」と説明すると、中村龍介が「マリオでいったらクリボーみたいな。ワンパンで倒せる(笑)」と自虐的に乗っかり観客らは大笑い。これには山口監督も「まさかクリボーが主役になるって凄いことですよ(笑)。二人が作り上げてきたものが認められて主演という形になったので、役者にとってもサクセスストーリー的な魅力のある話だと思います」と同調し、主演の二人の功績を称えた。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_玉城裕規

監督の話を受けて、玉城は「最初から続けようと意識していたわけではなく、自然にできあがったものを皆さんが応援してくださったから続いているわけで・・・。これからも自由にやって、自然にいろんな色形になっていけばいいと思います」と謙虚に応える。玉城と中村龍介の二人のシーンを見て泣いたという中村誠治郎は、「皆が自分たちの役を真剣に生きてるから泣いたんだと思います」と心境を語った。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_玉城裕規&中村龍介

最後は、中村龍介が「この作品を観て皆が笑顔になってくれればいいなと思います。僕も最後のシーンで結構泣いちゃったんですけど、また次の日からがんばろうって思ったし、こんなに感動できる時間があるんだと思える以上は、この仕事をがんばっていかなければいけないと感じます。それを皆さんにも提供したいし、共感していきたいと思っています。本日はありがとうございました!」と挨拶。玉城も「もし、これまで携わった人たちが何らかの形で集まって作品を作ることがあれば、また参加させていただきたいなと心から思える作品です。今日から公開されたので、たくさんの人たちに観ていただけたら嬉しく思います。情報量が多い作品ではあるけど、少しでも温かいものを感じとっていただけたら嬉しいです」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』は、全国の映画館にて順次公開。

映画『メサイア外伝 -極夜Polar night-』初日舞台挨拶_2

(C)MESSIAH PROJECT (C)2017映画メサイア外伝製作委員会

(取材・文・撮影/堀江有希)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP