HEADLINE

ニュース

『ロッキー・ホラー・ショー』河原雅彦と古田新太の新タッグで2017年秋再び!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007389.jpg

伝説的なロック・ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』が2017年秋に再び上演されることが決定した。『ロッキー・ホラー・ショー』は、イギリスの俳優・作家のリチャード・オブライエンが生み出した作品で、カルト的人気を誇り、映画化もされている。日本では、1975年に初演、2011年には”ロッキー”・フリーク”を自称してはばからない劇団☆新感線の演出家いのうえひでのりと古田新太によって上演されている。

今回の上演では、古田がフランク・フルター役として復活。共演者には、小池徹平、ISSA、ソニン、上木彩矢、アヴちゃん(女王蜂)、武田真治、吉田メタル、東京ゲゲゲイ、1995年版からフランク演じ、2011年版ではエディを演じたROLLYといった、曲者揃いの顔ぶれが揃った。

ROLLYは訳詞・音楽監督、東京ゲゲゲイの牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)は、振付も担当。そして、演出はいのうえから河原雅彦にバトンタッチされる。

007389_2.jpg

上演決定にあたり、河原と古田よりコメントが届いている。

◆河原雅彦(演出)
『ロッキー・ホラー・ショー』には、お客さんが一緒になって騒いで盛り上げて、能動的に楽しむことで、作品としてのオリジナリティが構築された背景があると思います。今回はその空気感を持ち込んで、今まで以上にお客さんが参加して楽しめる仕掛けを作りたいと思っています。
出演には音楽的な香りがする、もの凄く濃いメンバーが集まりました。クリエイティブスタッフには、日本の『ロッキー・ホラー・ショー』の伝説的存在であるROLLYさんが音楽監督でも入ってくださいますし、振付は僕も大ファンである東京ゲゲゲイのMIKEYさんに声を掛けさせてもらいました。絶対に刺激的な『ロッキー・ホラー・ショー』ができると確信しています。
『ロッキー・ホラー・ショー』を僕たちもめちゃくちゃ楽しんで創るので、イベントやライブ、時期的には忘年会に参加するような気持ちで劇場に来て、一緒に楽しんでもらえたらと思っています。

◆古田新太(主演)
全国の『ロッキー・ホラー・ショー』ファンの皆さんに嫌われないように、今回も皆さんが楽しめるような作品にしたいですね。前回は映画へのオマージュ色が強かったですが、今回はライブのノリで、お客さんと一緒に盛り上がれる、レスポンスを楽しめるような作品になるかと。作品を知らない人にも楽しめると思いますが、DVD などで予習してきてもらえると、もっと楽しめると思います。これまでとは全く違う『ロッキー・ホラー・ショー』になります!オイラはこのカツラとボンテージを着たらフランクになっちゃうので、みんなもコスプレして一緒に騒ぎましょう!

『ロッキー・ホラー・ショー』は、11月7日(火)から11月12 日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。なお、Zeppブルーシアター六本木での上演はこれがファイナルとなる。

その後、東京・サンシャイン劇場をはじめ、福岡、宮城、長野、大阪を巡演。日程の詳細は、以下のとおり。

【東京公演・六本木】11月7日(火)~11月12 日(日) Zeppブルーシアター六本木
【東京公演・池袋】11月16日(木)~12月3日(日) サンシャイン劇場
【福岡公演】12月9日(土)・12月10日(日) 北九州芸術劇場 大ホール
【宮城公演】12月16日(土)・12月17日(日) 仙台サンプラザホール
【長野公演】12月23日(土・祝)・12月24 日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
【大阪公演】12月29日(金)~12月31日(日) 森ノ宮ピロティホール

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP