HEADLINE

ニュース

中村優一、井上正大、岩田華怜らによる刀剣退魔刑事アクション!舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大

2017年5月26日(金)より東京・CBGKシブゲキ!!にて舞台『警視庁抜刀課vol.1』が開幕した。本作は月刊「バーズ」(幻冬舎)にて大好評連載中の斎藤岬による人気漫画「警視庁抜刀課」を原作とした現代を舞台とする刀剣退魔刑事アクションだ。その初日当日に公開ゲネプロと囲み取材が行われ、中村優一、井上正大、星元裕月、藤木かおる、岩田華怜、宮崎翔太、伊藤陽佑、山本一慶が登壇した。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大_2

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一

人を惑わす不思議な力を秘めた「憑き刀(つきがたな)」を取り締まるため警視庁に設置された銃刀特別対策課、通称・抜刀課。そのエースである切通弥(中村)と架光隼人(井上)は、次々と起こる憑き刀に関する事件を追いかけるうちに、源九郎義経(山本)と武蔵坊弁慶(伊藤)と名乗る謎の二人組に遭遇する。さらに、抜刀課は不思議な力を有する回禄刀を持つ女子高生・六人部真名(岩田)から相談を受け、彼女の地元に向かうが・・・。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_井上正大&藤木かおる

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_井上正大&星元裕月

脚本・演出は、『ミュージカル忍たま乱太郎』や『おとめ妖怪ざくろ』などを手掛ける大和田悟史が担当。今回の舞台版は原作の1巻と2巻をベースとしたオリジナルストーリーだが、原作者の斎藤も稽古を見学して大和田と話し合い、脚本チェックを行うなど、原作ファンの期待を裏切らないキャラクターの掘り下げと物語が構築されている。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大_3

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大_4

普段はクールだが、過去に刀に関連した事件に家族が巻き込まれたことから刀に関することになると見境がつかない切通を演じるのは『仮面ライダー電王』で仮面ライダーゼロノスを演じた中村。切通とは対象的に社交的で、暴走気味の切通を心配する優しさも持つ架光を演じるのは『仮面ライダーディケイド』で仮面ライダーディケイドを演じた井上。“W平成ライダー”によるW主人公によって、息の合ったバディものとしても楽しめる作品となっている。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大&岩田華怜

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_岩田華怜

囲み取材では、書道による決意表明を中村、井上、元AKB48の岩田の3人が披露。中村は“納刀”と書き上げると「殺陣もありますし、千秋楽まで皆でケガが無いようにと思い、“抜刀”ではなく、納められるように“納刀”にしました」と座長らしい思いを説明。井上は「来て下さるお客さんに、ありがとうという気持ちで少しでも喜んで頂けたら」と打ち明けると、“ありがとう”のひらがなを用いて“喜”の1文字を表現するこだわりを見せて、登壇者たちを感心させた。そして、岩田は“真”の1文字を頭に「真剣に 真心こめて 真名だよ」と文章を作り上げるが、“剣”を“険”と間違える痛恨のミス。しかし、岩田は慌てることなく「そんな険しい道のりも、皆さんで乗り越えていきましょう!」と機転を利かせてコメントを返し、会場から拍手を受けた。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&山本一慶

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンなどに出演し、2.5次元舞台で人気を博す山本は「殺陣もふんだんにありますので、皆さんに楽しんで頂けるように頑張ります」と意気込みを披露。その言葉どおり、本作の殺陣はスーツ姿だけでなく、原作にも登場する防刃ジャケットや、剣道着姿による殺陣など、様々なバリエーションで楽しませてくれる。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_伊藤陽佑

『特捜戦隊デカレンジャー』でデカグリーンを演じた伊藤は「先に言わせて頂きますが、俺はかーなーり強い!」と、演じる弁慶の強さを表現するために、中村が演じた仮面ライダーゼロノスの台詞をもじって挨拶。その言葉に、中村が「それ、俺の台詞!」とツッコみ、会場から笑いが起こった。

さらに、抜刀課に所属する兎茶護役の星元と乾小町役の藤木、舞台版オリジナルキャラクターである袴田亮介役の宮崎からも挨拶が行われた。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_井上正大

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_中村優一&井上正大_5

近年の刀剣ブームに関連した舞台とはひと味違い、スーツ男子の刑事が刀剣を振るというビジュアルの斬新さが魅力でもある本作。中村と井上の凜々しく刀を構えるスーツ姿には、刀剣ファンならずとも萌えること間違いなしだ。そんなビジュアルだけでなく、殺陣は熱く燃えるほど迫力満点。殺陣師として、東映京都撮影所で20年、日本の時代劇の最先端を走り続けた青木哲也氏が招聘され、『時代劇の東映』だからこそ作れる、本物の殺陣で、今まで誰も見たことのない重厚なアクションが作り上げられている。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』ゲネプロ_キャスト

スーツをまとった“W平成ライダー”が刀剣片手に市民を守る唯一無二の刀剣退魔刑事アクションとして、ぜひ続編も期待したい作品だ。

舞台『警視庁抜刀課vol.1』は6月4日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。

(C)SAITOH MISAKI, GENTOSHA COMICS 2016

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

警視庁抜刀課 vol.1

作品情報警視庁抜刀課 vol.1

大人気コミックが早くも舞台化!中村優&井上正大、平成ライダー二人がタッグを組む!!

  • 公演:
  • キャスト:中村優一、井上正大、星元裕月、藤木かおる、岩田華怜、宮崎翔太、伊藤陽佑、山本一慶、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP