HEADLINE

ニュース

福井晶一「レミゼ中心の生活になる」ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演ついに開幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演が、2017年5月25日(木)、東京・帝国劇場にて幕を開けた。また同日、初日直前の囲み取材が行われ福井晶一、吉原光夫、生田絵梨花(乃木坂46)、森公美子、知念里奈、昆夏美が初日を目前とした意気込みを語った。

本作は、19世紀初頭のフランスを舞台に、動乱の最中にある民衆の生活や社会情勢を忠実に盛り込んだ壮大なヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」をミュージカル化した大ヒット作品。1985年のロンドン初演を皮切りに、世界中で7000万人以上の観客動員数をほこり、日本では、1987年の初演以来3000回以上も上演され、2017年版は上演30周年を迎える記念の公演となる。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_知念里奈

まず、囲み取材ではファンテーヌ役を務める知念が挨拶。「『レ・ミゼラブル』30周年記念公演ということで多くの方から長く愛されている作品ですが、レミゼファンの皆さんと歴代のキャスト、スタッフの皆さんにお祝いの気持ちで一杯です」と喜びの言葉を述べた。また、ファンテーヌの娘・コゼット役を演じる『レ・ミゼラブル』初出演の生田について触れ「10年前にコゼット役をやっていたので、いずれ生田さんにファンテーヌの役をやっていただけたら」と感慨深げに述べると、あわせて森が「その次はマダム・テナルディエ役ね」と投げかけ報道陣の笑いを誘った。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_生田絵梨花(乃木坂46)

続いてコゼット役の生田は「30周年という歴史ある作品に参加させていただけることを幸せに思っています。先輩方が築きあげてくださったものをしっかり受け継ぎながらも、新しい空気感を出せたら」と呼びかけると、自身の役について「人形のようなイメージがあったけど、その中に熱い心がある」と分析。「現代にも通じる女の子のように演じられたら」と意気込んだ。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_福井晶一

ジャン・バルジャン役の福井は「先輩方が繋いできたバトンをしっかりと守っていきたいです」と誠実な眼差しで語り、カンパニーの雰囲気については「初演でコゼット役を演じた鈴木ほのかさんや、橋本じゅんさんなど先輩方が新しい風を入れてくれて刺激的な稽古場になっていた」と述べ、自身の役については「今回で3度目の出演となるのですが、相手を想うバルジャンの心持ちが自分の人生経験を重ねて理解が深まったように感じる」役作りの深化を明かした。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_吉原光夫

ジャベール役の吉原は「30年、たくさんのキャストやお客さん、色々な方が携わって築いてきたものに負けないように、そして意識しすぎないように冷静にやりたいです」と静かに挨拶すると「時代と共に演出が変わっていくのが『レ・ミゼラブル』。いい意味で現代に沿った人格や性質を持っていくのではないかと思うと、毎回初演のような感覚になる作品です」と作品の深みと普遍性をアピール。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_森公美子

マダム・テナルディエ役の森は「作品のテーマである“愛”をますます育んでいけるように、30年目のレ・ミゼに触れてみてください」と強く呼びかけ、報道陣から生田の印象について聞かれると「稽古序盤はジャン・バルジャンとの関係など少しだけぎこちなかったように感じたけど、今ではもう大女優ですよ。素晴らしいです」と太鼓判を押した。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_昆夏美

続けて、エポニーヌ役の昆は「日本30周年という先輩方が築きあげてきた歴史と、2017年の『レ・ミゼラブル』両方の面で楽しんでいただけたら」と呼びかけ、コゼットと恋敵となることについて「生田さんは美しくて歌声も素晴らしく・・・、完敗だと、ひしひし感じています(笑)」と生田の存在感を賞賛した。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_吉原光夫&森公美子

囲み取材途中では、報道陣から地方公演の楽しみについて尋ねられ一同口々に「やっぱりグルメかな?」と目を合わせあい、森が「地方は料理が美味しいので今から皆んなでダイエットしているんです(笑)」と笑いかけるなど、カンパニーの仲の良さを伺わせた。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演初日会見_福井晶一_2

また、福井が「長いツアー公演となるので、レミゼ中心の生活になりますが、リフレッシュ方法を見つけたい」とまとめ、「一人ひとりが作品と向き合って良い仕上がりになっています。たくさんの方に『レ・ミゼラブル』の感動を届けたいと思っています。ぜひ劇場に足を運んでください」とあらためて強く呼びかけ囲み取材を締めた。

日本初演30周年となる『レ・ミゼラブル』の進化をその目で目撃してほしい。
公演情報は以下の通り。

【東京公演】5月25日(木)~7月17日(月) 東京・帝国劇場
【福岡公演】8月1日(火)~8月26日(土) 福岡・博多座
【大阪公演】9月2日(土)~9月15日(金) 大阪・フェスティバルホール
【名古屋公演】9月25日(月)~10月16日(土) 愛知・中日劇場

(取材・文・撮影/大宮ガスト)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP