エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

龍真咲ディナーショー『MUSE』惜しげもないスタイルで圧倒的な歌唱力を披露

龍真咲_ディナーショー『MUSE』

元宝塚月組男役トップスター・龍真咲による、退団後初のディナーショー『MUSE』が東京・パレスホテル東京で4月25日(火)・4月26日(水)、大阪・ホテル阪急インターナショナルで5月8日(月)・5月9日(火)、開催された。

冒頭の開演アナウンスから客席を沸かせ期待が高まる中、シルエット姿で登場した龍は、年末に演じてファンを驚かせたエリザベートの「私だけに」を歌いあげる。そして振り返った瞬間、客席にはその日1番の衝撃が走ったのではないだろうか。プラチナシルバーのベリーショートヘアに黒革のホットパンツ、ニーハイガーターベルトと、ほぼ隠れていないパーフェクトボディで登場。つい昨年、宝塚人生を締めくくった男役トップスターとは思えない、すみれコードもぶっちぎりの露出度の高い衣装。龍本人はそのまま「愛の讃歌」ロックバージョンなど歌い上げるのだが、会場のどよめきは鳴りやまない。脇を締める元花組娘役の愛純もえり・元月組娘役の真愛涼歌のクオリティの高い歌唱&ダンスはもちろん、外部で初共演となる男性ダンサーとして迎えられた中塚皓平との濃厚でアクロバティックなダンスで魅せた「みつばち」など、初っ端から高いボルテージのナンバーに圧倒された。

MCでは、龍本人が「真の姿」と称する可憐な女性像を意識したワンオクターブ高い甘い声。しかしやはり見え隠れする宝塚時代からのドスの効いたトークが冴え渡り、ファンは待っていましたとばかりに、「やっぱり好き!」と呟く声がそこかしこに聞こえて大いに盛り上がる。

宝塚時代にはなかなか聞けなかった、だけど聞いてみたかった、誰しもが知っているポップスメドレー。ジュディ・オングやTRF、松任谷由実といった選曲。会場中央にはお立ち台、後方にはミニステージとあり、縦横無尽に歌いながら駆け回るファンサービスで、どこから見ても楽しめる構成がうれしかった。

会場全体が一気に龍に惹きつけられたところで、続くは宝塚時代の代表曲メドレー。『DRAGON NIGHT!!』の「DRAGONの旅」を歌い上げてはけると、続く『舞音』の「異国の雨」は会場の後ろから登場。前半とは変わり、シャンパンゴールドにストーンビジューの輝く衣装で宝塚時代を彷彿させてくれるのもうれしい。「GOLDEN JAZZ」「ブラックローズ」「Forever LOVE」「永遠」など、ポップスの雰囲気とは打って変わって情感豊かに歌い上げる龍が近づいてくると、スポットライトを浴びながら自らが光り輝いているような男役トップスター時代を思い起こさせる。

最後は龍が挑戦したいと言うミュージカルソング。『モーツァルト!』から「星から降る金」、そして「蜘蛛女のキス」を伸びやかな歌声で披露した。特にラストの『ウィキッド』「自由を求めて」は、“自分の心に嘘をつかずに 大空高く 飛び立つ・・・今”という歌詞やその躍動感が龍の今と重なり、今後の活躍への期待が募った。

アンコールでは編み上げた髪をほどきウェットヘアをかき上げながら、真っ赤な口紅に宝塚100周年運動会で輝かせたゴールドスパンコールの学ラン姿で登場し、スピード感のある「ワタリドリ」を熱唱。ただし、その美しくもかっこいい“今の龍真咲”を見て余韻に浸るファンたちを、それだけでは帰さないのが龍である。二度も終演アナウンスが流れたことで、もう終わりだろうと思い席を立ったファンたちに恒例のカーテンコールが待っていた。“家に着くまでが遠足”ならば、“もう帰ってと叱られるまでが龍のコンサート”。思わぬ“お土産”で会場を沸かせる。

締めの挨拶では「自分なりに自分らしい女性版・龍真咲を作っていきたい。今日が本当の意味の卒業」と語った龍。男役トップスター・龍真咲を追いかけたファンたちへ、“次は一人の人としての魅力に期待してほしい”という意欲的な宣言に受け取れた。これからは女性としてのセクシーでキュートな一面も開花させつつ、たまには凛とした男性的な魅力で歌い続けてほしいと強く感じた。8月には、Bunkamuraオーチャードホールにて『Ryu Masaki Concert 2017』、そして来春には帝劇『1789』への出演も発表されているだけに、今後も龍真咲からは目が離せない。

(文/馬場愛子)

(文/エンタステージ編集部)

舞台『モブサイコ100』~裏対裏~

作品情報舞台『モブサイコ100』~裏対裏~

  • 公演:
  • キャスト:伊藤節生、河原田巧也、松本岳、平田裕一郎、大海将一郎、星乃勇太、末永みゆ、兼崎健太郎、なだぎ武、永田聖一朗、神里優希、和成、平尾健蔵、馬場良馬、ほか
THE GREATEST MUSICAL CONCERT

作品情報THE GREATEST MUSICAL CONCERT

あなたの”聴きたい”がここにある

  • 公演:
  • キャスト:ルーシー・ヘンシャル、福井晶一、柿澤勇人、海宝直人、咲妃みゆ、石丸幹二、濱田めぐみ
舞台『NORN9 ノルン+ノネット』

作品情報舞台『NORN9 ノルン+ノネット』

この世界は、生きる価値があるか。この世界は、生かす価値があるか。

  • 公演:
  • キャスト:中村優一、築田行子、辻諒、鷹松宏一、鮎川太陽、安達勇人、橘龍丸、本川翔太、松波優輝、竹田亮、西園みすず、影山靖奈、最上みゆう、川岸銀次、緑川睦、ほか
豊饒の海

作品情報豊饒の海

4冊からなる大河小説を一舞台作品として創作!

  • 公演:
  • キャスト:東出昌大、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、大西多摩恵、篠塚勝、宇井晴雄、王下貴司、斉藤悠、田中美甫、首藤康之、笈田ヨシ
恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

作品情報恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

かけがえのない一瞬、たった30日の恋

  • 公演:
  • キャスト:鈴木拡樹、山崎紘菜、梶裕貴、高月彩良、木村達成、清水くるみ、黒羽麻璃央、戸松遥、鳥越裕貴、梅田彩佳、松田凌、内田真礼、三浦宏規、福原遥
“Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live

作品情報“Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live

音楽×ダンス×映像でみせるパフォーマンスショー

  • 公演:
  • キャスト:夢宮加菜枝、ココナ、平井琴望、尾花貴絵、星波、古賀なつき、川村海乃、二宮響子、松崎カンナ、中西裕胡、河西智美、替地桃子、長谷川唯、山崎紫生、後藤紗亜弥、京香、真田怜臣、立道梨緒奈、ほか
丸美屋食品Presents スーパー・エキセントリック・シアター創立40周年企画 劇団こどもSET 旗揚げ公演『カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~』

作品情報丸美屋食品Presents スーパー・エキセントリック・シアター創立40周年企画 劇団こどもSET 旗揚げ公演『カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~』

小学1年生から中学3年生の「劇団こどもSET」旗揚げ!

  • 公演:
  • キャスト:劇団こどもSET
大人の麦茶 第25杯目公演『おしり筋肉痛』~めっちゃまわるよ 運動した後だし

作品情報大人の麦茶 第25杯目公演『おしり筋肉痛』~めっちゃまわるよ 運動した後だし

劇団の代表作を豪華出演陣にて”リノベーション”

  • 公演:
  • キャスト:池田稔、中神一保、並木秀介、宮原奨伍、岩田有弘、辻久三、佐藤大介、宮寺貴也、ほか
テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者- EMOTIONAL ACT

作品情報テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者- EMOTIONAL ACT

「テイルズ オブ ザ ステージ」の新たな挑戦!アッシュに焦点を当てた「ジ アビス」のもう一つの物語―

  • 公演:
  • キャスト:新井雄也、岩城滉太、朝倉ふゆな、星波、RYOJI、高橋紗妃、齊藤恕茉、岡本麻海、笠原織人、森山栄治、高橋駿一、甲斐千尋、川村玲央、花奈澪、内田健介、ほか

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 龍真咲_ディナーショー『MUSE』

関連タグ

関連記事

トップへ戻る