HEADLINE

ニュース

初主演・大原櫻子が“天才的な歌声”で魅了!安蘭けい、高橋和也ら出演『リトル・ヴォイス』初日開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子

1992年に初演されたのち、1998年には映画化もされた舞台『リトル・ヴォイス』が、2017年5月15日(月)に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕した。公演初日を前にゲネプロと囲み会見が行われ、天才的な歌声をもつリトル・ヴォイス役の大原櫻子と、その母親役の安蘭けい、母親の恋人役の高橋和也が登壇。本番に向けて意気込みを語った。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子&安蘭けい&高橋和也

本作は、舞台『キャバレー』をはじめ、映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー監督賞も受賞しているサム・メンデスの演出によって、1992年にロンドンで初演された舞台。1998年にはマーク・ハーマン監督によって映画化もされ、ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞し、アカデミー賞では助演女優賞にノミネート。またビリー役を映画『ビッグ・フィッシュ』や『スター・ウォーズ』シリーズなどで知られるユアン・マクレガーが演じたことでも話題となった。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子&安蘭けい

主人公はリトル・ヴォイス(大原)、通称LVと呼ばれる少女。LVとは、小声で話す内気な彼女に対し、母親のマリー(安蘭)がつけたニックネームだ。家に引きこもるLVの唯一の楽しみは父親の形見であるレコードを聴くことで、繰り返しレコードを聴くうち、往年の有名歌手たちの歌を完璧にマスターしていた。そんなある日、マリーは新しい恋人のレイ(高橋)を家に連れてくる。うだつの上がらない芸能プロモーターであるレイは、偶然耳にしたLVの歌声に魅了され、なんとかLVを街のクラブで歌わせようとするのだが・・・。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子_2

本番を間近に迎え、心境を聞かれた大原は「稽古時間が濃密でとても楽しかったです。もう本番か・・・とあっという間な気がしますが、心の準備はできているのですごく楽しみです!」と期待をふくらませる。安蘭も「お客様に見ていただくことでまたステップアップできると思うので、早く見てもらいたい気持ちでいっぱいです」と準備万端。また高橋も「楽しいこともたくさんありましたが、厳しい稽古でもありましたので、それを乗り越えて結束力がつきました。オリジナルにはない、自分たちの新しいリトル・ヴォイスができました」と自信をのぞかせた。

『リトル・ヴォイス』_安蘭けい&高橋和也

今回の舞台は、LVによる歌唱シーンが大きな見どころ。大原は初主演という大役に不安を感じたというが、「素敵なキャストやスタッフさんに囲まれていたので、自分なりのベストを精一杯出そうという気持ちで、1日1日を100%の力で練習できました」と前向きな姿勢を見せた。それに対して安蘭は「本当に初主演なの?というくらい動じずにいるので、大したもんだなと思いました」と大原を称賛。「見た目は本当にかわいらしくて居るだけでほっこりするけど、皆の間では自然と櫻子ちゃん(大原)を支えようという空気ができていた気がします。いつもナチュラルでいてくれるから、こっちも緊張せずにリラックスして稽古していました」と笑顔で話す安蘭に続き、高橋も「さくちゃん(大原)のかわいさに振り回されました。年齢的には自分の娘と同じくらいのお嬢さんですが、素顔の時と歌い出したときのギャップに才能や脅威を感じました」と感嘆する。安蘭と高橋の二人から褒められた大原は「恥ずかしいです」と照れ笑いを浮かべた。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子_3

LVが劇中で歌うのは、ジュディ・ガーランドの「Over The Rainbow」、シャーリー・バッシーの「Big Spender」など、誰もが一度は耳にしたであろう往年の名曲たち。生バンド演奏によるショーシーンもあり、声色を使い分けながら迫力たっぷりに歌いあげる姿は必見。これには元宝塚トップスターである安蘭も「本読みの時から英語の歌が完璧だったので感動しました。歌えるし記憶するのも早いし、色んな面が研ぎ澄まされた子なんだなぁと。リトル・ヴォイスにぴったりだと思いました」と太鼓判を押した。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子&山本涼介

また劇中では、LVの心の支えとなる青年・ビリー(山本涼介)の存在も大きい。「どのキャラクターにも共感できると思うので、一人一人を見ていただきたいです」と見どころを明かした大原の言葉通り、強烈なキャラクターのセイディ(池谷のぶえ)に、クラブのオーナーを務めるミスター・ブー(鳥山昌克)と、個性派揃いで見ていて飽きない。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子&高橋和也

会見の最後は、大原が「音楽やセリフのやりとりなど見どころ満載の舞台となっています。若い方でも分かるし、大人の方にも深くて心にじんわりとくる、そんな作品になっています。ぜひたくさんの方々に見ていただきたいです!」と締めくくり。あらためて作品の魅力をアピールした。

『リトル・ヴォイス』_大原櫻子_4

舞台『リトル・ヴォイス』は、5月15日(月)から5月28日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演したのち、6月3日(土)から6月4日(日)に富山・富山県民会館 大ホール、6月24日(土)に福岡・北九州ソレイユホールを巡演する。

(取材・文・撮影/堀江有希)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP