HEADLINE

ニュース

極上文學2018年3月に新作決定!第12弾は宮沢賢治の『風の又三郎・よだかの星』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007071.jpg

本格文學朗読演劇の極上文學シリーズの新作が、2018年3月に上演されることが決定した。本シリーズは、日本文學の上質な世界観を立体的に表現し、ワンランク上のこだわり、“読み師”と“具現師”からなる構成で、ビジュアルと音楽、動いて魅せるスタイルが人気のシリーズ。マルチキャスティング制により、日替わりの組み合わせで上演し、変化のある公演として人気を博している。

第12弾として取り上げるのは、宮沢賢治の「風の又三郎・よだかの星」。宮沢賢治の描く幻想と現実のはざまを、極上文學ならではの視点で魅せる。演出はキムラ真(ナイスコンプレックス)、脚本は神楽澤小虎(MAG.net)が続投。出演者などの詳細は、続報を待とう。

極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』は、2018年3月に東京・紀伊國屋ホールにて上演される。
【公式サイト】https://www.gekijooo.net/
【公式Twitter】@clie_seisaku

((C)2016 CLIE/MAG.net Andem

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP