HEADLINE

ニュース

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演が開幕!東啓介「“漢”を貫く生き様を観て」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007012.jpg

2017年4月26日(水)に、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにてミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇の東京公演が開幕した。殺陣×ダンス×歌が融合したミュージカルとして人気を博してきた“薄ミュ”は、ライブ公演を含めると本作でシリーズ10作目となる。プレビュー公演の前には囲み会見が行われ、主演の東啓介をはじめ、礒部花凜、松田岳、荒牧慶彦、佐々木喜英が登壇し、意気込みなどを語った。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真5

シリーズ第7弾の「黎明録」から原田左之助役を演じる東は、まず「シリーズ10作目となるミュージカル『薄桜鬼』の熱、そして大阪公演の熱を持って、さらに東京公演を盛り上げていけたらと思っております」と挨拶。そして、原作のゲームの中で原田左之助のルートが“全ストーリーの中で最も幸せルートと言われている物語”であると言い「今までになかった話の展開や、全体を通して、原田左之助の“漢”を貫く生き様を観ていただきたいです」とアピールした。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真6

「ずっとミュージカル『薄桜鬼』に出たいと思っていた」という雪村千鶴役の礒部。それ故に「自分にとっても、“薄ミュ”にとっても、念願の原田左之助 篇だと思います。大阪公演に続き、さらに気を引き締めてがんばりたいと思います」と、控えめながら思い入れたっぷりの様子。見どころには「本当に幸せな気持ちになりながら演じているので、ぜひ皆さんも観て、幸せな気持ちを感じていただければ嬉しいです」と“最後のシーン”を挙げていた。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真7

土方歳三役を演じる松田は、本作について「ミュージカル『薄桜鬼』ならではの歴史の上に出来ている作品だと感じています」と語る。というのも、松田が本シリーズに初登場した「新選組奇譚」の前に上演された「黎明録」で、同役を演じていたのは、今回、風間千景役を演じている佐々木。そんな松田と佐々木が、土方と風間として刀を合わせる殺陣のシーンは様々な意味で注目したいところ。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真2

そんな、同じシリーズに役が変わって再び出演するという珍しいケースとなった佐々木は「僕自身、お話をいただいて大変驚いたんですけど、ミュージカル『薄桜鬼』という大変お世話になった作品に、こうして恩返しができることを幸せに思います。先代のキャストから受け継いだ熱い気持ちと魂で、全力でステージに立ちたいと思います」と、その明かした。また、内容には「原作の原田左之助ルートに、あまり風間は登場していないのですが、今回のミュージカルでは内容を膨らませて描かれているので、そこを観てもらえたらと思います」と触れた。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真8

沖田総司役を演じる荒牧も「回を重ねる中で、キャスト変更など様々なことがあったんですけど、僕らの信じる誠を貫いて、無事にこの原田左之助 篇に辿り着くことができました。先代の方々、そして、今のキャストの信じる誠を貫いて、この東京公演を全力で突き進んでいきたいと思います」と気合い充分。そして、座長の東について「僕の大好きなとんちゃん(東)が演じる原田左之助は、本当に、本当にかっこいいです。しかと刮目せよ!とお客様にも言いたいです(笑)」と讃えた。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真10

最後に、東は改めて「(脚本・演出・作詞の)毛利(亘宏)さんもおっしゃっていたんですが、この原田左之助篇はとても難しく、舞台化は難しいんじゃないかとじゃないかと言われてきました。そんな作品に、原田左之助として、座長として立てることを本当に幸せに思います。皆様にも、原田左之助の生き抜いた人生、漢の道をじっくり観ていただいて、明日への活力にしていただければ幸いです。劇場でお待ちしています」とメッセージを送った。

これまで“薄ミュ”では「斎藤 一 篇」「沖田総司 篇」「土方歳三 篇」「風間千景 篇」「藤堂平助 篇」を上演してきた。東の言葉にもあったが、ファンにとっても作り手側にとっても、この「原田左之助 篇」は待望の上演だっただろう。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真9

原田左之助という男は、少々短気だが人情に厚く義理堅い、まさに“漢”というキャラクター。そんな男の姿を、東はまっすぐに、熱く演じ切っている。その熱は、原田のソロ曲「モノクロの月」からもひしひしと伝わってきた。また、新選組隊士たちとの関係、中でも、“三バカ”と呼ばれる藤堂平助(木津つばさ)、永倉新八(福山翔大)と辿る運命の分かれ道には、男のドラマが待っている。また、鬼である不知火匡(柏木佑介)との宿命の戦いで見せる槍さばきの迫力には息を呑む。

また、礒部の歌声が非常に美しい。運命に翻弄される千鶴だが、可憐さの中に強さを秘めた芯を感じさせた。女性向け恋愛ゲームである「薄桜鬼」ならではの胸きゅんシーンでは、原田の無骨さの中にある包容力と、千鶴のまっすぐな視線で、劇場に幸せな空気を満たしていく。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真3

信念を貫き、大切なものを守るため、刀を抜き戦い続ける男たち。彼らには“夢”がある。動乱の時代を駆け抜ける彼らが、最後に掴み取るものとは・・・。“薄ミュ”の歴史に新たなページを刻む本作を、どうぞお見逃しなく。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_囲み会見写真

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇 東京公演は、4月26日(水)から4月30 日(日)までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

なお、本作のBlu-ray&DVDが、8月23日(水)に発売されることが決定。さらに、大千秋楽となる4月30日(日)17:00の公演が、ディレイ配信として「GYAO!」にて独占先行配信されることも決定している。詳細は、公式HPにてご確認を。

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇東京公演_舞台写真4

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/「薄桜鬼 」製作委員会
(C)ミュージカル『薄桜鬼 』製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇

作品情報ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇

  • 公演:
  • キャスト:東啓介、礒部花凜、松田岳、荒牧慶彦、納谷健、木津つばさ、福山翔大、輝馬、高崎翔太、井俣太良、佐々木喜英、聡太郎、柏木佑介、川本裕之、

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP