HEADLINE

ニュース

清水順二「おもしろいではなく、これはスゴいという作品に仕上げる自信があります!」『ロマンシング サガ』稽古場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

006898.jpg

2017年4月15日(土)から30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater 『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』が東京・サンシャイン劇場にて上演される。原作は株式会社スクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)から発売された人気ゲーム「サガ」シリーズの中でも最高の売上本数を誇る『ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3)』。その大人気ゲームを演劇ユニット「30-DELUX」が舞台化するということで、ゲームファンや舞台ファンなど多方面から注目を集めている作品だ。

『ロマンシング サガ』_稽古.jpg

舞台版のスタッフにも、世界観監修・脚本原案を河津秋敏、音楽監修を伊藤賢治、脚本をとちぼり木、「サガ」シリーズ・プロデューサーを務める市川雅統という「サガ」シリーズに関わる面々が勢揃い。出演も代表・清水順二をはじめとする30-DELUXのメンバーはもちろんのこと、 緒月遠麻、 中村誠治郎、 馬場良馬、 新垣里沙、 村瀬文宣、 長谷川かすみ、 山本ひかる、和合真一、片山萌美、笠松はる、そして佐藤アツヒロと豪華なキャストが揃っている。

その初日を間近に控えた某日、稽古場を取材した。稽古後に行われた囲み会見に登壇した清水、河津、とちぼり、市川の言葉を交えて、その模様をお届けする。

『ロマンシング サガ』_清水順二&和合真一&笠松はる.jpg

稽古場で最初に公開されたシーンは、ゲームでは語られなかったオリジナルストーリーであるハリード(清水)とルートヴィッヒ(和合)がファティーマ(笠松)を助けながら逃亡するシーン。清水が「河津さんのおかげで、ゲームでは描ききれなかった各イベントに至るまでの裏側を、舞台用にオリジナルストーリーとして書いてもらいました」と説明するように、今回の舞台化ではオリジナルストーリーも充実している。稽古では、30-DELUXならではの迫力ある集団戦の中で、敵に囲まれたハリードが曲刀系の技であるデミルーンを使用し、敵キャラクターたちが吹っ飛ぶ。稽古では技名を叫ぶだけだったが「映像を駆使して原作を大事にしたバトルシーンもあります」との清水の言葉に、本番で技がどう表現されるか楽しみだ。

『ロマンシング サガ』_中村誠治郎.jpg

『ロマンシング サガ』_中村誠治郎&緒月遠麻.jpg

続いて、ゲーム版でも有名なイベントであるマクシムス(森大)の変身したミカエル(中村)に、カタリナ(緒月)が武器である聖王遺物マスカレイドを奪われてしまうシーンが公開された。ゲーム版では8人の主人公にそれぞれのストーリーがあるフリーシナリオというシステムが採用されていたが、舞台版についても、清水は「ハリード編を中心に、それ以外の主人公キャラも全員登場させて、それぞれのドラマを余すことなく出しています。原作ファンの思い入れのあるキャラをすべて観られるようになっています」と8人の主人公たちにそれぞれの活躍があることを明言。また、ストーリーについて、とちぼりは「舞台を観たらロマサガ3のストーリーが掴めるぐらいのドラマを詰め込んでいるので、ロマサガ3を知らない人でも楽しめる作りになっています。むしろゲームを知らない人に観てもらいたいです」と原作を知らない人でも安心して観られる作りであると語った。

『ロマンシング サガ』_ゆきだるま.jpg

『ロマンシング サガ』_オープニング.jpg

最後には、出演者が勢揃いするオープニングシーンが公開され、主人公たちや敵キャラクター、ゲームでも印象的なキャラクターであったゆきだるまも登場。殺陣も絡めて繰り広げられる大迫力のオープニングシーンに、市川も「初めてオープニングを観ましたけど、圧倒されて放心状態でいます」と絶賛していた。

『ロマンシング サガ』_緒月遠麻.jpg

『ロマンシング サガ』_稽古2.jpg

「サガ」シリーズのデザイナー・小林智美の世界観を崩すことなく、ゲーム上のドット表現からデザインされている衣装については、残念ながら稽古段階のため見られなかったが、製作発表で公開されたようにファンの期待を裏切ることはないだろう。さらにマスカレイドなど稽古でも使用されていた武器の造形へのこだわりにも注目したい。

『ロマンシング サガ』_河津ら.jpg

『ロマンシング サガ』_清水順二.jpg

公開稽古を終えて、「サガ」シリーズの生みの親である河津は「ゲームはすべてデジタルですが、今回の舞台で魂の入った新しいエンターテインメントが生まれるんだと実感しています」と目を輝かせ、清水は「おもしろいではなく、これはスゴい!という作品に仕上げる自信があります」と宣言。今から開幕が待ち遠しい作品だ。

また、公開稽古終了後には、スマートフォンとプレイステーション Vita向けの『ロマンシング サ・ガ3』リマスター版の制作決定や、信濃屋食品とのコラボレーションとしてラム酒が発売、スクウェア・エニックス e-STOREによるチケット一般販売の再開も発表された。

30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』は4月15日(土)から4月23日(日)まで東京・サンシャイン劇場にて上演される。その後、大阪、愛知、福岡を巡演。日程の詳細は以下のとおり。

【東京公演】4月15日(土)~4月23日(日) サンシャイン劇場
【大阪公演】4月28日(金)~4月30日(日) サンケイホールブリーゼ
【愛知公演】5月3日(水・祝)・5月4日(木・祝) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】5月6日(土)・5月7日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP